ガラマニ日誌【31】05/4/26(火)サイト開設2周年記念日

記念すべき今日。なにか企画をやりたいと勘考した。

トップページに、記念イラストを、どーんと載せようかと思ったが、
賃労働による腱鞘炎と、毎夜、9時頃には早や、
眠くなるほろの(ロレツも回っていない)疲労で、
絵ぇー描くのは、断念。

気がつけば、半年以上も更新していない、メインコンテンツ「月下の花」の続きを、
今日に合わせて載せようかとも、思ったが、
間に合わなかったので、断念。(でもたぶん、近日中に、次章は出来ますよ〜)

4/23に更新した、黒い三騎士の「三騎士誕生秘話・2」をやろうかとも、
思ったが、記念企画として、続き物の「次」というのは、
インパク値に欠けると考え、やめ。

それで、自分にとって「サイト開設日」の、
最も記念的なものとは、なんだろうか?と考えたとき。

2年前の今日、一番最初の「コンテンツ」として出来上がった、
このガラマニ日誌こそ、記念企画に、ふさわしいと、結論するに至った。

ガラマニ日誌〔1〕

この、短い文面を読み返すと、
あの日、必死こいて、トップページを作ったことを、しみじみと思い出す。
ホームページビルダーで、自サイト内リンクをする方法が、教科書見ても、わからなくて。
半日ウンウンうなりながら、ようやく、出来るようになって。
次に、FTP転送の設定が、わからなくて、ウンウンうなって…
こんな、超・初歩的なところから初めて、今日でまる2年間なのかぁ。

そして、2項に渡る、日誌の目次ページを眺めやると、

「けっこう、たくさん書いてきたなあ。
このテーマの時は、掲示板の反響が大きくて、嬉しかったよなあ。」

我がサイトの歴史、紆余曲折の日々を、
自戒と反省と…そして、達成感と、大いなる歓喜を持って、思い出す。


さて、本日の、記念日誌のテーマは、2年間の、サイトの歴史を振り返る、のではない。


2年前、初めて、自分のサイトを開設したよりも以前の、
インターネット生活について、語ろうと思うのだ。
これについて、ガラマニ(名義)が書くのは、初めてである。


同様のテーマで書いた項は、ここにもあるが、
これは、ダンバインファンサイト系列に限った話題。
今日、ここに書くのは、

ダンバインのダの字もない、

朝日はサンライズでもなんでもない、

別ジャンルでの、俺についてなのである!
どうだ、いかにも記念的ではないかッ(そうか?)

ガラマニが、ぱそこんといふものを購入したのは、1999年の夏であった。
街の電気屋さんで、一式買って、
セットアップもぜんぶ、電気屋さんの、おにーさんにやってもらった。

おにーさんが帰り、自室で1人になると、俺は早速、
いんたーねっと=ヤフーという、今にして思えばホニャララな発想で、
ヤフージャパンを開き、ニュースとか、星座占いとかを見て、

「たいして、面白くないな」

と思った。なんか、もっとないのか…おや、「検索」という空欄がある。
これにキーワードを入れて、ポチッとな、すれば、なんか出るらしい。

俺が…いや、わたしが…その時、初めて「検索」キーワードに入れたのは、

実を言うと…

ダンバインのダの字でもなく、

ガラリアさんのガの字でもなく、

朝日はサンライズでもなんでもなかったのだ。


1999年の、わたしが、ヤフーの検索窓に、初入力した言葉とは、いったい?!

それは…!


すみません、やっぱ、ここには書けないです。

ヤバすぎるので。自分にとって。


なので、仮に、そのジャンルを
<ペディグリーチャムにおけるトップブリーダー資格について>と、しておく。
あくまで仮称であり、当時のわたしが、ドッグフードに、ものっそい興味があったわけでも、
関係業界にいたわけでもないので、読者各位にあられましては、
「なんだろうか?」と勝手に煩悶して下さるよう、お願い致します。

さて、ヤフー検索で、ペディグリーチャムなサイトに辿り着いたわたし、
(セットアップを全て電気屋さんにやってもらった)わたしは、その晩には、既に、
トップブリーダーについて熱く語る掲示板を見つけてすぐ、熱い書き込みをしていた。
…串も通さずに…

その掲示板が、そのジャンルでは、
当時のネット界で、最も有名な所であった…とは、ずっと後に知った事
である。

「掲示板って、自宅にいるわたしが、すぐ書いて、すぐ載って、
そんで、すぐ返事が帰って来る…!すごい、面白い!」

たちまちわたしは、その某有名ペディグリー掲示板の常連となった。

その掲示板は、トップブリーダーには、資格などいらない派と、
いや、トップブリーダーは、資格所得者が行うべきである派とが、激しく対立している、議論板であった。
元来、議論が大好きなわたしが、最も好む系の板であり、わたしは後者の派閥に属した。
しかも、そこの管理人さんは、意図的な放置主義で、
わたしを含む、自称・常連たちが、好き勝手に、書き込みし放題。
テーマがテーマなだけに、口汚い荒らしも、おおぜいやって来て、
それに対抗して、自称・常連が、激論を展開するという、
そのジャンルでは、超ぉ〜伝説的な掲示板なのであった…

…って、書けば書くほど、ヤバい。俺の、その板でのハンドルが、
今にもバレそうなぐらいに、ヤバい、有名さなのである…


常連となったわたしは、その板で、同派閥の方々と、メールを交換するようになり、
オフ会も開催されて、たくさんの友人と出会えた。
激しく議論した同士は、雄弁の同志となるとは、あの掲示板が教えてくれた真実である。

当時、そのペディグリー掲示板で知り合った人の中には、
この「ガラリアさん好き好き病」を、読んで下さっている人もいるし、
今もずっと、メールや電話で、旧交を温めている。

わたしが、ぱそこんというもの、いんたーねっとというものを、手にして、
最も有意義だと感じているのは、これら、人との出会いである。

その板で、長く常連をやっていて、これを一番強く思った。
機械を通そうが通すまいが、そこにいるのは、「人」なんである。

わたしは、ネットを通して出会った人とは、誰であれ、
ペディグリー掲示板で敵陣営だった人であれ、リアルで会ってみたいと思った。
直に会って話したい、と、ペディグリー掲示板に書きながら、いつも強く思った。
そして、リアルで言えないことは、ウェブでも言わないという信念が、
あの、激しい議論板・ペディグリー掲示板で培われたと思う。

何度、あの板で、荒らしに、「死ね」「殺す」「人間のクズ」と言われたことだろう。
それに、理論武装して挑んだ日々。まだテレホーダイだった時代なので、
闘いはいつも、夜11時開始だ。時として、わたしは、同派閥の友に、

「○○さん、今、あそこに、また荒らしが来てるんだ!
○ちゃん○るから流れ込んでるらしい。頼む、早く来てくれ!」

とメールをもらい、「おうさ!いざ、鎌倉ぁああ」と駆けつけたものだ…

…ああ、ヤバい!書けば書くほど、ヤバい。俺の、当時の別名を知ってる人よ、
どうか、絶対、ガラマニ=○○だとは、バラさないでくれ、頼む…


ま、とにかく、わたしは、初めてネットに繋いだその日に、
初めて書き込んだ、このペディグリー掲示板によって、
文章によるコミュニケーションの、難しさと、楽しさを、
板の激しさから、より明晰判明に、理解出来たと自負する。
これは、すごく幸運だったと思う。

そして、なによりも、多くの、人との出会いこそが、何にも変えがたい幸福であると。

最後に、もう一つ、ポイントを挙げたい。
ウェブでの出会い、と言うと、世間的には「出会い系サイト」を連想するらしい。
また、ここを読んでいる、ダンバーな方々の中にも、色々な目的で、
「出会い系サイト」を物色している人も、いらっしゃるだろうと思うが、
そんなあなたに、俺…いや、わたしより、一言、ご助言申し上げたい。

凡そ「出会うこと」を目的として集った、
サイトや掲示板では、
良き「出会い」は、けして生まれない。


…これこそが、

わたしが、

あの、

<ペディグリーチャムにおけるトップブリーダー資格について>
激しい議論板で、得た、真理なのである。

終わり。

【くれぐれも】
ペディグリー掲示板で出会った人で、ここも知ってる人!
頼む、ガラマニの別ハンドルとか、
ペディグリー掲示板のことは…バラさ…ないで…くれ…(倒

日誌30へ  日誌32へ

日誌のトップへ戻る

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る