リンク集 ガラマニ作

朝、昼、夜。
時は、止まることなく過ぎていく。人は、止まることなく生きてゆく。
リンクとは、時と、人とを、つなぐもの。
時よ、人よ、止まることなかれ。ここに、リンクのつなぐ、心の掛け橋ある限り。

サイト名
管理人さん
ジャンル
解説文
灰色ローズ
スンスンさん
04/8/吉日、サイト活動はお休みされています。スンスンさんは、ガラリアさん好き好き同盟名誉常任理事(俺が勝手に認定)です。
日記
【旧紹介文】白紙に淡いインクで綴られる日記は、誰も、本心では思っていても、コテハンで発言することを、自己欺瞞からできないでいるのに、それを書いておられる。稀有な私小説です。用語解説ページは、「日記かぁ、途中から読んでもよくわからんな」と思う人に、わかりやすい用語集です。ちなみに、スンスンさんが「小人さん」と呼ぶものを、俺は「妖精さん」と呼んでいます(笑)
ぼくはきみと踊りたいのに
紗柚枕(さゆまくら)さん
日記・写真・絵
フランス映画のような、しっとりとした美をたたえた、紗柚枕さんのたたずまいをご覧あれ!黒猫ジジたん、ウチの黒猫ホシに酷似。ジジたん、紗柚枕さんに、幸せを差し上げて下さいね。純白背景色に、ジジたんの黒毛と、彩度の高い文字色の映える、まばゆいサイトです。「絵」コーナーに注視!「ガラリア姉さァァん」はじめ、稀有なタッチの素描が満載。必見です。と和んでいたら、いきなり「みなさん、血圧測られるのは好きですか」と、絶妙にツボを突かれたりします。あなたは、ニトフロンパイプシールを知ってますか。
白兵突撃(旧サイト版)バナー
07/10/22 サイト移転されました!
タヌキの塚穴 new!
砂漠のタヌキさん
模型・日記
シックな装いの中に、知性という名の毒が光ります。それはあたかも、軍服に燦然と映える、キラ星の肩章のよう。模型ページの、写真と、自作への解説文を見比べると、製作に没頭しながらも、作る事に熱中する自分と、それを発表する行為との、距離を保つという、修辞の鉄則を踏まえておいでなのが、よくわかります。なにしろ、全ての文章に、工夫がこらしてあり、ひとつとして「おざなり」な言葉がないのです。毒があり、おざなりがない。これは俺が、最も目指したい姿勢です。
大阪市立大学第二部文芸サークル「まねきねこ」公式ブログ
大阪市立大学第二部文芸サークルさん
文芸・創作
「白兵突撃」の、砂漠のタヌキさんが、こちらのサイトの管理人さんです。ガラマニが、なにが驚いたって、大学のサークル活動で、いんたーねっとを使っているんだぁ〜ということです。俺の時代のサークル活動は、ガリ版青刷りの会報を、手書きですよ。そうして考えてみますと、かつては仲間内でしか読まれなかった冊子を、世界中に配信出来てしまう、インターネットという媒体の凄さを、ひしひし感じます。文学への憧憬に、オリジナル作品の執筆にと、若き闘志を、熱き情感を燃やす。青春真っ只中にある若人たちが、ここに会す!
たんぽこ通信へ
たんぽこ通信
滝川久佳(たきがはひさか)さん
文芸・創作・評論・オウガバトル・ハムスターさん
グレーの色紙に走る、黒いインク。読むサイト、読まされるサイト、これぞ文筆家のサイト。オリジナル長編小説、映画感想、世論を斬るコラムの数々。筆力に圧倒されます。ゲーム「オウガバトル」の二次創作小説、「伝説のオウガバトル秘史」は、声に出して読みたい、美しい日本語のお手本であります。なぜ、人は二次創作をするのか?それは、いつまでも「未完」である、たぎる想いを、己が手で、昇華させたいがためなのだと、俺は、たきがはさんに教わりました。ご自分の考えをしっかり持ち、威風堂々と、発表されておられます。常に、物書きたる者、かくあるべし。常に、個人ウェブサイト、かくあるべし。そう、常に、人は、我が道を行くべし。そんなお手本が、たきがはさんであります。
NIGHT AIRへ
NIGHT AIR
GINGERさん
オウガバトル・イラスト・日記
ゲーム「オウガバトル」への、広大無辺な愛に、満ち満ちたサイトです。とにかく濃い、深い、熱いの三拍子!頻繁に更新される、イラストとマンガの、密度と成熟度に驚かされると供に、多岐に渡る知識の深さに感歎します。絵の上手さが濃い、オットコマエキャラへの愛が深い、サイト作りへの情が熱いのです。俺がサイトを始めて間もない頃。感想を下さるのは、サイト開設以前から、親交のあった方々だけだった頃に。「初めて、知らない人が、小説の感想を書き送って下さった!」あの時の感動を、俺は、けして忘れません。GINGERさんは、サイトで創作する事の真価を、俺に教えて下さった、最初の方でした。そして、ご自身、オウガバトルの創作道を、突き進んでおられる、GINGERさんに、脱帽、敬礼!
IRO Headquartersへ
IRO Headquarters
Mikiさん
科学救助隊テクノボイジャー
のファンサイトです、と、書いてるそばから、テクノボイジャーについて、読みたくて、仕方がなくなります。そんな、80年代アニメブームに、生きた証しに出会えるところ。そんな「あの頃のアニメ」に胸うちふるえ、鳴り止まぬ自分に、還らされるところ。ハートに宇宙があるように、宇宙にハートはあるはずだと、燃えてMikiさんを探して光のロードを超えていくところ。それが、ここ、IRO Headquartersなのです。情報量と、洗練されたサイトデザインに、目を見張り、なにより、20年来、一個の作品を愛しつづける熱意にこそ、「あの頃のアニメ」のファンたる鑑であると、敬礼いたします。
菜根館へ
菜根館(さいねかん)
人魔神さん
2011/2/10 閉鎖を確認
絵画
更新頻度、完成度、その情熱。人魔神さんに敵う者を、俺は知りません。白地に燃える、鮮やかな彩色、丹念に塗り込められた、絵の具たち。肌色の光沢が、しなやかな骨格を包み込む、肉体たち。モニター越しに、じっとわたしを見つめる、つぶらな瞳たち。生き生きとした少女たちからは、生きる人魔神さんの息吹が聞こえてきます。キャラの人物像に迫る筆致は、描き手の生命力の具現化でありましょう。少女の美しさとは、表面的な技巧でなぞるだけでは、表現できないものである。これを、真摯に探求している人が、人魔神さんであると思います。
週刊 N
Nさん
2011/2/10 閉鎖を確認
評論
この広いウェブ界に、彗星が如く登場した、テキストサイト。その黒い表紙を開いたが最後、全コンテンツ、一気に読破せざるをえないのです。文章のそこかしこに、満ち満ちたナイスセンス、筆者Nさんの、気丈さを装った、ナイスセンシティブ、行間に流れる、独特の「間合い」、これらすべてが、ナイスソウルフルなのです。さあ、あなたも、レッツ、週刊 N。週刊 と N の間の空白がまた、ナイスなのだよなぁ。
カムイ漁協へ
カムイ漁協
カムイさん
2011/2/10 閉鎖を確認
釣り・紀行・評論
釣り師は、魚の、数や大きさを競うために、水際に立つのではない。波の音、浜風のささやき、磯の香りを感じるために。じっと、釣り糸を垂れながら、孤独を愛でるために。それが、釣りの意義と、俺はここで学びました。この漁協には、そんな「釣りの妙」がいっぱいです。

「聖戦士ダンバイン」を扱っておられるサイト

凡庸兵器。へ
凡庸兵器。
太刀原さん
07/5/吉日、受験のため、サイト閉鎖されました。学生の本分は勉学であるとの自律、まっことご立派であります。
スーパーロボット大戦・ダンバイン・イラスト・日記
【旧紹介文】太刀原さんの絵筆にかかれば、どんなキャラもメカも、太刀原さんだけの、内的宇宙の住人と化すのです。ガラマニのキリリクに、お応え下さった、ガラリアさん絵は、太刀原さんには、初めて描かれたとは、まるで思えない、唯一無二の完成度です。つまりは個性的な絵なわけですが、「元キャラが、こう咀嚼されるのか」という凡庸な批評は、「凡庸兵器」には、まったく当てはまりません。見る者は皆、太刀原さん独自の世界に、飲み込まれてしまう。それを個性的と、呼ぶは簡単、生み出すは至難。これぞ、絵描きの力であり、ファンサイト、かくあるべしのお手本であります。
黒金草紙
黒金草紙
くろがね桂さん
2011/2/10 閉鎖を確認
スーパーロボット大戦・ダンバイン・時代劇・イラスト・日記
絵コーナーの、画力のすごさ、絵画への真摯なこだわりに感歎し、ラインナップの渋さに、圧倒されます。ガラリアさん絵をはじめ、兜甲児くんや、時代劇キャラ絵は、圧巻の一言。合わせて、雑記を読んでいますと「同志に出会えた…」と目頭を熱くすること一塩。さすが、紙媒体同人活動をされているお方、さすが、スパロボにあって、ガラリアさんに注視されるお方。くろがね桂さんの、二次創作にかける闘志の、なんと美しきことでしょう。同人魂、ここに在り。
surrender
むろのさん
ベルセルク・アニメ・ダンバイン・イラスト・評論
何の批評をするにしても、一番大事なことは「自分の頭で考えること」です。当たり前のことなのですが、ネットにおいては、自分の評判や、他のファンの顔色を気にして、「自分の頭で考えること」が出来なくなっている人が多い。そんな中で、むろのさんの評論は、自由奔放であり、てらいがありません。社会経験に基づいたご意見は、的確であり真摯。やわらかい描線のファンアートは、見る人を意識した美麗さを保ちつつ、ちゃんと「自我」があります。ダンバインやガンダムを、初見で、思うままに描かれた「脱力さしえシリーズ(俺が勝手に命名)」は、記事カットとして完成された、名品であります。surrender を読みに行くと、「自分が感じたことを信じろ!」と励ましてもらえるんです。
【PRECIOUS BLUE】
あさぎさん
日記・アニメ・ダンバイン・イラスト
管理人さんの見識の広さに、プログ機能が加わり、情報のワンダーランドと相成っておられます。お気楽日記に語られる話題の豊富さに、毎度驚かされるばかり。愛情溢るるイラストギャラリーが、あなたを魅了します。ガラマニは、トッドとガラリアさんのおデート絵にノックアウトされましたぁっ。浅黄色の水底にあるものは、なんなのか。つい、蓋を開けてみたくなる、水瓶の玉手箱のようです。
ただいま戦闘中!へ
ただいま戦闘中!
信濃裕さん
ダンバイン・シーラさん・イラスト
ガラマニが、インターネットを始めたばかりの頃、「ダンバイン」で検索したら、たくさんのダンバインファンサイトさんが、「存在すること自体」を知り、感動したものですが、信濃裕さんの「ただ戦」を初めて見た時の、感動は…モニタ前で、涙を浮かべ、「…ダンバインで、18禁やってもいいんだ…」とつぶやいたほどです。俺がどんなに「ただ戦」に励まされてきたか、どんなに「ただ戦」を愛してきたか。現在こちらは「戦時急造営業所」となっておりますが、トップのイラストにノックアゥッ!シーラ様本表紙の、ぬぎっぷりに「それってワンピースじゃなくて、上下が分離してたのか」妙に冷めたコメントゥッ!
The Word of Poroposeへ
ザ・ワード・オブ・ポロポーズ
KofC(こーふく)さん
ダンバイン・シーラさん・情報・イラスト
シーラ・ラパーナさんファンサイトの総本山。「永遠にあなただけを愛します」の花言葉、ポロポーズの花束を、あなたへ。シーラさんへの忠義、忠誠、忠心の、これはまさに花束です。長年に渡り採集された、たくさんのシーラさん情報、たくさんのシーラさん絵に感じるは、美しき彼女の、ナイトたちの雄叫びよ!シーラさんへの、KofCさんの忠誠心は、今までもこの先も、揺らぐことなどありません。特筆すべきは、KofCさんは、こんなにもシーラさんを「好き」なのに、主観的感情に走った言葉を使われないことです。俺は「シーラさん」呼ばわりしてるけど、ここへ行ったら「シーラ様」。これがナの国、王室親衛隊の、典範なり。
Sweet Little Dreamへ
スウィート・リトル・ドリーム
NTPさん
ダンバイン・シーラさん・情報・記録
シーラさんがいるお部屋。シーラさんが見た夢。水色の夢から目覚めた彼女は、水色の壁紙の、いつもの自分の部屋にいた。そんな気持ちになる、NTPさんのサイトです。気品ある外観とはうらはらに、NTPさんの筆は、凄まじい気迫に満ちています。全話レビューに、シーラさん全セリフ、高橋美紀さん情報まで、かゆいところに手が届くアイデアに富みながら、記録者に必須な、生真面目さを保ち続けておられます。この製作姿勢を見習おうと思い、容易には真似できないと思い知るばかり。ダンバインの情報通であると同時に、優れた文筆家であるNTPさんの力量に、感服いたします。とまれ、「Sweet Little Dream」は、シーラ・ラパーナ女王陛下ご本人が、住まうお部屋に相違ありません。
DRIXへ
DRIX(ドリックス)
ドリルさん
アニメ・ダンバイン・シーラさん・イラスト
宇宙に踊る少女たちの、華奢な姿態をごらんなさい。るん、と、うるんだ大きな瞳をごらんなさい。色鮮やかなのに、けして華美ではないコスチュームをごらんなさい。星屑をちりばめた、髪の毛の耀きをごらんなさい。ドリルさんのペンには、迷いがありません。どのキャラを描いても、ご自分のキャラとして完成させてしまわれます。なにがそうさせるのか?キャラへの愛情であり、ペンへの自信でありましょう。ドリルさんは常に「我が道」を突き進んでおられます。煩悩のままに、貪欲に!それこそが、絵描きの魂であり、卓越した絵サイト「DRIX」の魂です。ドリルさんがキャラ絵を描かれ、投稿者は解説文を書けるという「思い入れ投稿文」企画がすてき。さあ、みんなで。レッツ、ドリックス!
501GamePostへ
501ゲームポスト
まっちんさん
ゲーム・ダンバイン・模型・評論・小説
まっちんさんの文章は、ウィットに富み、読むと、明るく楽しい気持ちになれます。まっちんさんが、そうした「おかしさ」を醸し出している土台は、対象物への冷徹な批評眼です。ゲーム攻略、ダンバインやフィギアの、どれに対しても、妥協なく見つめ、実質を看破されております。その上で、ご自分の作品へと、展開されておられます。つまり対象物への憧憬とは、盲従ではないし、批評とは、反発ではないということを、まっちんさんは、よく知っておられるのです。ダンバイン二次創作小説「バイストン・ウェル 仮想戦記」の完成度の高さは、俺が「月下の花」を書き始めた頃、最大のライバルと目しておりました。ドレイク陣営の長、まっちんさんのサイトである!ご用意は、よろしいか!
邪理のやつ
JARIさん
模型・ダンバイン・日記
プラモデル製造工程を、写真つきで掲載されています。俺はなぜだか、完成品よりも、パーツだけ接写した画像に惹かれます。たんたんと、プラモが作られていく中、たんたんと、JARIさんの日常風景が書き刻まれていきます。プラモデル製造工程記事は、世に多くありますが、写真の撮り方を、俺が気に入ることは多くはありません。「邪理のやつ」は、「作りかけプラモ写真記事」業界で、数少ない、俺のお気に入りサイトです。
every dog has his day
カムデンさん
ダンバイン・トッド・評論
トッド・ギネスと愉快な仲間たちへの、歓喜にわき立つサイトです。トッドのファンは黙って行きましょう。もれなく、ガラリアさんファンも大喜び出来ますよ。シンプルな構成で読みやすく、充実した記事の数々に、「うん、うん。」と肯くばかりです。素描イラストは、誰にも媚びないトッドと同じ、カムデンさんにしか作り出せない、唯一無二のかっこよさです。「あなたの聖戦士度チェック!」で自分がどのキャラになるのか、試して見ましょう!質問文にも、エスプリが効いてて、まこと細部まで楽しいです。
スタジオブルーベリージャムへ
スタジオ ブルーベリージャム
H・Iさん
2013/5/13 閉鎖を確認
イラスト・ダンバイン・シーラさん
かつてアニメーターだったH・Iさんは、日本のアニメ製作の現状を憂い、現場はどうなっているのか、切々と訴えておられます。アニメーターの意地、製作者の誇り、創り出すことの命のありかを求めて、筆を走らせるH・Iさん。その腕から生み出される、珠玉の作品群をご覧下さい!なめらかな線描と、鮮やかな色調に魅了され、作品を作り続ける、意志の強さに敬礼いたします。
ロボ魂へ
ロボ魂(ロボこん)
レーチンさん
07/6/吉日、サイト閉鎖されました
ロボットアニメ・ダンバイン・イラスト・評論
【旧紹介文】ダンバインの各話解説は、何十回読んでも爆笑です。ガラマニは相当、この方の文章に影響されてます。「トップ→ROBOGUE→ヘアスタイルカタログ」必見。あの、ダンバイン業界一の謎の髪型が完全図解される!「ロボアニメ放映リスト→機動戦士Zガンダム、闘将ダイモス」必見。いやまったく、おもしろ各話解説文で、レーチンさんの右に出る者はおりませんよ。

「聖戦士ダンバイン」に出演された声優さんのサイト

速水奨OFFICIAL WEB SITEへ
速水奨オフィシャルウェブサイト
速水奨さん
バーン・バニングス役の声優さん
バーンを演じた方が、美男子でよかった…透明感のあるお写真がいっぱいな日記に、うっとり。優しげでコミカルな文体に、どっきり。腹式呼吸笑いが聞こえてきそうな、それはもぉ、ものすごい濃さです。素顔の速水さんの、実直さを知るほどに、嬉しくなれる、なんて素晴らしいサイトでしょう。こんなに執筆されて、寝るお時間あるのかしらと、心配になるボリュームです。広報担当カイザー君にもメロメロよ。
立木文彦掲示板
立木文彦さん
ゼット・ライト役の声優さん
軽妙な語り口のコラム、自然を愛で、人との繋がりを愛でる、さりげないお写真の数々に、心が和みます。お仕事に、あまごちゃん釣りにと、オットコマエな情熱を燃やす立木さん。都市空間と、天然自然の世界とを行き来する様に、「今日」を生きる大人の男の、ハングリーさを感じます。肉厚な精神性が為す仕事、「立木文彦SRS」は、まさに男の世界です。
中原茂Official Fun Site essenceへ
中原茂ホームページ:エッセンス
中原茂さん
ショウ・ザマ役の声優さん
「エッセンス」はエッセイ集です。文筆家・中原茂さんの作風は、痛みの筆であります。文末に「・・・」を打っておられるとき、「ハハハハハハ・・・」笑い声がフェードアウトしてゆくとき、どうしてそんなに悲しいのだろう、どうしてそんなに心が痛むのだろうと思います。ダンバインの収録現場の章を読み始めたら、青年・中原茂さんに会えました。「エッセンス」にいると、自分がファンである声優さんの、公式サイトを読んでいる気持ちではなく、一人の文筆家の手になる本を、読んでいる気持ちになります。「茅ヶ崎 スターバックスにて」も、脳内エンドレス リフレイン リピートしますッ
Splash Dream
メロカフェ発MIKI色ニュースチャンネル
高橋美紀さん
シーラ・ラパーナ役の声優さん
日記を毎日、更新しておられます。なんてすごい仕事量なんだと驚愕します。しっとりと微笑む、高橋さんのお姿。乳白色の布たちに包まれたサイトの、そこかしこに、孤独と闘う高橋さんの思いが、読み取れます。等身大の高橋美紀さんのお気持ちを、ご本人の筆により、こんなにたくさん見せてもらえる我々の、なんと幸せなことでしょう。高橋美紀さんの日記を読んで、「お辛いのだな」と思う日は、ナの国ではきっと、しとしと雨が降っている…
土井美加事務所・トモダチへ
土井美加事務所・トモダチ
土井美加さん
マーベル・フローズン役の声優さん
女優・土井美加さんの颯爽としたお姿に、演劇にかける強い意志に、女性の生き方を模索する「ワタラッパンな女たち」企画にと、多様な展開が魅力的です。米国製ドラマ「SIX FEET UNDER」吹き替え版のページには、声優さん方が描かれたナイスソウルフルなさしえがいっぱい。声優になりたいと思う人へと、土井さんが贈られた言葉は、俳優業のみならず、若人すべてが肝に命ずるべき名言であります。土井美加さんが、名優であることを知る我々は、このサイトで、彼女の人生哲学に接して、より感慨を深くいたします。
おおつかともこ/PON
大塚智子さん
2011/2/10 閉鎖を確認
ジェリル・クチビ役の声優さん
「あきないのこころえ声優編」は、声のお仕事の厳しさについて、非常に具体的に書かれており、心にずしんと来る名コラム集です。「楽してプロになりたい人へ」「仕事への取り組み方」を読むと、どんな生業の人間であっても、我が身を振り返らずにはいられなくなります。筆名PONさんの方には、パソコンに向かい作業するお姿が、生き生きと描かれています。真剣に仕事をするとはどういうことか、そして潤いある日々を送るとはどういうことか、大塚智子さんが語って下さるサイトです。
MARIA
川村万梨阿さん
2011/2/10 閉鎖を確認
チャム・ファウ役の声優さん
クール・エンド・ビューティーな「フォトギャラリー」に魅了されます。白一面に浮かび上がる、すてきなお洋服を着ている、この、妖精さんは、だあれ?チャム・ファウ役でデビューされた川村さんは、今日も、妖精が如き風貌のまま、新しき役へと羽ばたいて行かれます。「ダイアリー」は、川村さんの口語体満載で、楽しくってたまりません。チャム好きには見逃せないお言葉がありますよ。日記中にリンクしてある、アメリカ公演写真も、必見です。お写真も文体も、はつらつとしていて、読むと元気になれるサイト「MARIA」を作って下さって、ありがとう御座います、川村さん。ルナルナ。

このサイトで使用している素材の配布元

0円のWEB素材屋さんへ
0円のWEB素材屋さん
シンプルでセンスがよく、使いやすい素材を、無料で配布されています。プロのデザイナーが「仕事で」作っておられ、規約が簡単なのも魅力です。

このサイト「ガラリアさん好き好き病」は、リンクフリーです。リンクに際してのご連絡は不要であります。
ガラマニのリンクに関する考え方につきましては、
サイト案内詳細編の「リンクについて」 に、それこそ詳細に、書いて御座います。

トップインデックスのURL:http://www11.ocn.ne.jp/~garamani/index.html
サイト名:ガラリアさん好き好き病
管理人名:ガラマニ

バナーはないです。作る気もないです。

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る