ガラマニのオリジナル絵画1

カエルのケーゴくん

カエルのケーゴくん なにかのスポーツ選手バージョン

カエルのケーゴくんは、
1995年、某地方新聞の連載記事の、挿絵キャラクターとして誕生。
その新聞を読んでいた大多数の読者には、
このカエルのモデルが、誰であるのか、知るよしもなかっただろう。

カエルのケーゴくんのモデルとは、誰あろう、作者が大好きなアーチスト、
コーネリアスこと、小山田圭吾氏である。
小山田氏は、こんなカエルみたいな顔なのだ。

それで、俺は、新聞社から、
「読者に親しみやすいように、動物のキャラでお願いします。」
と依頼されたのを、これ幸いに、
大好きな小山田氏を、カエルに模して、ほくそえみながら描いていた。
作者だけが、描いてて楽しい。
そんなスタンスを、商業ですらやっていた俺って、なんてすてきな奴なんだろう。

新聞用のケーゴくんは、どれも白黒原稿なので、
ここには、スケッチブックに描いた、カラー絵を掲載した。

カエルのケーゴくん ベッドでおやすみなさい

05/2/20(日)掲載

次の絵を見る

ガラマニのお絵かきへ戻る

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る