彼女の名を呼ぶ、男には、二種類ある。

ひとつは、彼女の血縁の男であり、もうひとつは、彼女と血縁を持たぬ男である。

両者の血統は、相違しているが、

両者には、共通した感覚があり、そこに相違は無い。

この、異なる血統と、共通した感覚とが、

陳腐な悲喜劇をもたらすことは、

彼らに、その名を呼ばれる、彼女だけが、知っている。

彼女の名は、少女。処女。恋人。妻。娘。母、そして淫売婦。

彼女の名を呼ぶ男たちは、これらの呼び名が、

どれも等しく、彼女を指す名前であることを、けして知らない。

そう、これが、彼らに共通した感覚なのだ。

昔、むかし、ある所に。

無知と無知との狭間に、高くそびえる、塀があった。

この小編は、光栄ある女性の、歴史的記録である。

或いは、凡庸な女の、たわいもない備忘録である。

「塀の中」

登場人物
07/1/17

第1回 「翡翠王」
05/4/30

第2回

第3回

「塀の中」の感想はこちらへ

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る