「月下の花」

第17章 バイストン・ウェルとはなにか


朝 7:00

 ガラリア・ニャムヒーの起床時刻。規則正しい生活をしている彼女は、毎朝、この時刻になると、自然に目が覚める。白いふとんにくるまるガラリアは、白いキャミソールとパンティー、これが彼女の寝巻きであった。長い睫毛の幕が上がり、モス・グリーンの宝石が、現れた。ガラリアは、上体を起こし、跳ね上がった寝癖髪を掻きながら、

「今日は、新入り聖戦士のための、様々な業務が目白押しだ。気を引き締めていかねば。」

素足を、白いムートンのスリッパに差し入れ、立ち上がり、洗面室へ。

 白い固形せっけんで、洗顔。洗い上がりの素肌に、蓮華水をたっぷり、染み込ませると、ひんやりして、朝の気合いが入る。蓮華水(れんげすい)は、薄紅色が透き通った化粧水で、丸いガラス瓶が可愛らしい、彼女のお気に入りだ。

 寝巻きを脱ぎ捨て、洗いたての、今朝はピンク色のパンティーと、ブラをつける。洗面室の、上半身が映る鏡で、ガラリアは、ブラをつけた自分の体をじっと見てみた。

「最近、ブラがきついのだ。太ったのかな…いやだ、ただでさえ、もう若くないのに、でぶになったら余計、醜くなってしまう。バーンはリムルのような、華奢な少女が好きなのだ。ぐすん、私なんか、もう21で、おばさんで、胸は無駄にでかくて、そのうち垂れてくるのだ。もうだめだ。私はでぶでブヨブヨのおばさん…うぅ…」

筆者は、ガラリアに往復ビンタを喰らわしたい。ブラがきついのは、少女から大人への、まだ成長途上にある乳房が、ふくらんできたからであって、ガラリアは、実際にはEカップに近いDカップであるにも関わらず、Cカップ用ブラをつけているから、きついだけなんである。誰か、ガラリアに、いいかげんちゃんとサイズに合うブラをしなさいと言ってやれ。

 洗面室の横に、クローゼット室がある。いつものオレンジ色の戦闘服と、ピンク色の制服は、各々5着ずつ、同じデザインのものが、ハンガーにかけてある。今や、ドレイク軍副団長となったガラリアの月給は、日本円で手取り50万円であり、制服のスペアなど、いくらでも購入できるのだ。

 今朝は、戦闘服の方を身に着けて、ガラリアは、洗面室から出た。

ドレイク軍では、その日の行事によって、朝から戦闘服の日と、制服の日がある。今日は全兵士戦闘服の日だ。

寝室に戻り、窓際にある、チェストの前へ立つ。これは、引き出しが4段ある、腰丈の棚の上に、大きな鏡が備え付けてあるもので、ガラリアの化粧台であった。

 この棚は、ガラリアの宝物置き場であった。母、アメリアと、赤子の自分が描かれたミニアチュールは、この部屋に住み始めてずっとここに置いてある。ミニアチュールの横にある、木彫り紋様の大きな宝石箱を開けると、赤いビロード地に、入れてあるものは、アトラスがくれた、口紅。円筒形の金細工である。そして、同じ日にもらった、香水瓶。白い磨りガラスの瓶に、蓋は、銀が花形に鋳造された高級品である。

 17の誕生日にもらった、この2品を、ガラリアはその日から、毎日、毎日、つけ続けてきた。そして、もうとっくに、2つともからっぽになっている。大きめの宝石箱の中には、初代・アトラス口紅エーンド香水瓶と別に、2代目、3代目の、同じ銘柄の口紅と香水瓶が、並べて入れてあるのだ。

「アトラスが、くれた物だもの。私は、ずっと同じ物を、使うのだ。口紅は、同じ銘柄、クの国の高級化粧品ブランド、ク・オーレ化粧品のライン。色違いのを、5色取り寄せたら、送料無料だったし、特典で、これがついてきた。」

これとは、マットな口紅の上に塗る、透明なリップグロスである。蓋の口径が広い、小瓶入り。

「真紅の紅をひいて、と。その上から、これを、指でのせると、くちびるがツヤツヤ輝いて、きれいなのだ。更に!これを塗ると、コーヒーカップに口紅がつかない、色落ちしないスグレモノなのだ!」

次に、3代目香水を、うなじと手首につけた。ガラリアの、デイリーのお化粧は、これだけ。

そして、ガラリアが<戦闘態勢>に入る、最後の仕上げである。同じ宝石箱に、入れてあるピアスを、両耳に装着。

「彼が、これをくれた日。私の18の誕生日…あの日が、彼に会った最後だった…アトラス、お前以外の男を、私は永遠に愛さないと誓ったのだよ。お前への愛の証しのために、これを毎日つけることにしたのだ。でも、アトラス。私、お前に出会う前に、恋をしていたのだ。初恋を…アトラスは言った。わかっていたのだ。私がバーンを好きだったことを。そしてアトラスは逝ってしまい…今日も、まだ、私は初恋を追っている。」




7:30

 戦闘服に、耳飾りをきらめかせ、ガラリアは、軍靴をならして、副団長専用食堂へ。ガラリアの召使いたちは、全員が、中年の平民女である。

「朝食はキチンと食べないとな。以前、寝坊して、朝礼に遅刻しそうだった日、朝食抜きで行ったら、その日に限って、いつもは朝礼に出ないドレイク様が来て、長々とありがたいお話しをして下さったものだから、私は貧血を起こしそうになったのだ。あの日、なぜドレイク様は、朝礼に出たのか。それは、ゼットが作った新しい機械、マイクを使ってみたかったからなのだ!まったく、新し物好きなのだから、あの御方は。」

 女召使いたちが、ガラリア好みの朝食を給仕する。熱いコーヒーに、バタートースト、目玉焼き、チーズにサラダ。

 朝食を済ますと、ガラリアは、厨房に入り、皿洗いをしている平民女らと肩を並べて、歯磨きをする。歯磨き粉を、たっぷりつけた歯ブラシを口に突っ込み、ガラリアは口もとをアワだらけにして、召使いたちのお喋りに答えるのだ。厨房頭のおばさんは、洗い場で並ぶガラリアに、気さくに話し掛ける。

「ガラリア様、あたしゃ、いつも思うんですがねぇ。」

「ファンファ。」

「そうやって、歯磨きされると、せっかく塗った口紅がぜんぶ、とれっちまいますでしょう。」

「フォーダナ。」

「そいでまた、口紅を塗りなおしされますでしょう。2度手間じゃないですか。」

「フェツニ、ニファイニュルノファイイフォダ。フィンヒフファラフォフォニフルマヘニ、フェイフェイファチファイフフォフォロフォフォールシファー。」

召使いたちは、この、ガラリアの歯磨き語を、正確に翻訳する特殊才能を、身につけていた。上記は、

「別に、2回塗るのはいいのだ。寝室からここに来るまでに、衛兵たちがいる所を通るしなあ。」

の意である。そうして、ガラリアは、食堂に戻り、窓際のソファーに腰掛け、ニカのポシェットに入れて来た、今日の口紅とグロスを塗りなおし、いざ、出陣!




8:00

 朝礼の前に、ガラリアはいつも、配下である守備隊の兵舎に赴く。兵舎の玄関には、ユリアや、ハンカチ君や、おなじみの部下たちが、三々五々居並んでおり、隊長ガラリアを待っている。この兵舎は、隊でも高位の、下士官の住まいであり、ユリアは、この兵舎の2階の女子寮に住んでいた。

 ドレイク軍は、騎士団長バーン・バニングスを長とし、副団長がガラリアであるが、一方で、警備隊と守備隊という2大隊に別れている。

 バーンの配下、警備隊は、むくつけきおのこ、猛者揃い。バーンは意識して、部下にはつわものなる男たちを集めていたが、猛者というものは、個々人のプライドも高いものである。彼ら警備隊員に、言う事を聞かせるために、隊長バーンは、力でもって制するやり方をしており、それが唯一の指導法と、彼は信じて疑わなかった。

 一方こちら、守備隊の朝の風景は。

「ガラリアさまーっ、おはよう御座います!ね、昨夜の聖戦士は、いつ紹介されますの?朝礼には、来るのですか?」

ユリアの黄色い声が、ガラリアの頬に明るさをもたらしてくれる。隊長ガラリアは、友人である部下らが、今朝も元気で揃っているかと、見渡し、話す。

「地上人たちは、9時からのガイダンスで、やっとお目覚めさ。朝礼はいつも通りだ。ガイダンスは、バーンが行うから、我々は今夕の園遊会に備えて、ドロを点検、予行運転する。おや、どうした、お前。」

 ガラリアの古い友人、先輩であるハンカチの青年が、元気がないようだ。彼は、愛しいガラリアが気にかけてくれて、嬉しく、なんでもないよと、笑って見せたが、顔色は悪いままだった。彼はおとなしい性格ではあるが、気さくな人なのに、今朝は沈んでいるな?ガラリアは、

「今日から、新入り、地上人が我が軍に入るのだぞ。我々、バイストン・ウェル騎士の気概を見せてやらねばならぬ。皆、気を引き締めてかかれ。」

 ガラリアの号令一下、守備隊下士官たちは、朝礼が行われる広場へと歩いた。歩きながら、ガラリアは、そっとハンカチの青年に近寄り、

「どうしたのだ…おかしいぞ、お前。具合でも、悪いのか?」

と問うた。青年は、黒い髪の、前髪で目を隠すようにうつむきながら、

「ガラリア。予定では、明日、いよいよだね。俺、今からそれを考えるとさ…」

こう言われて、ガラリアは、彼の不調の意味がわかった。前方を向くガラリアは、長い睫毛を悲しげに震わせ、真紅の濡れた唇で笑みを作って、声を低く話した。

「私も、初めての実戦だ。明日がな。お館様は、ダンバインの試運転と称して、イヌチャン・マウンテンの領空を侵犯し、我が軍の新兵器、聖戦士ダンバインをギブンに示威するおつもりだ。その先陣を切るのは、我ら守備隊のドロ隊。ギブンは、ゼラーナもダーナ・オシーも有している。ふふ…ダンバインの捨て石に、もはや旧式のドロを使うのは、至極、合理的だな。」

ハンカチの青年は、こう自嘲して見せる彼女の、まだ21歳と言うのに、戦法の無情を達観している事に、驚きを隠せなかった。

「ガラリア、君は、わかっていて、それで、いいのかい?だって、明日の作戦には、バーン殿は出ないんだろう。本来、前線は警備隊の管轄なのに。」

「それはな。ダンバインは、領内で試運転していました、領内だから守備隊が一緒でしたと。たまたま、操縦に慣れない地上人が、境界線を知らずに飛び出してしまいましたと…そういう筋書きなんだ。ふん、バーンのドラムロは、新型だから、明日の作戦に使うのは勿体無いとさ。これが、私の初陣なのだ。こんなことで、」

静かに話していたガラリアの、薄緑色の瞳が、カッと開き、長い睫毛が天を向いて、まなざしは闘志に燃え光った。

「こんなことで、くじけてたまるか!むしろ好機とすればよい。よいか、ドロ隊で、ギブンの輩を蹴散らし、ダーナ・オシーを落として見せるのだ。私の、お前の、守備隊の初陣に、花咲かせようぞ!」




8:30 朝礼

 壇上の、マイクで話すバーン・バニングスの声は、いつにも増して、朗々と響き、朝の光りが長髪に反射し、その男ぶりは、下っ端の兵士らに、畏敬の念を抱かせた。バーン団長は、騎士の鑑だと、尊敬のまなざしで見上げる若い騎士たち。

それを見渡すガラリアは、

(アトラスはもっと、威厳にあふれ、美しく優しく、完璧な騎士だった。完璧な男だったのだ)

今、自分の心を揺り動かす<眼前の男>に、即ち自分の恋に、<昔の男>でもって抵抗していた。

 バーンはと言えば、自分が読み上げている本日の業務連絡に、武者震いが止まらなかった。

「本日、9時より、第1会議室にて、地上人への新入ガイダンス。騎士団長が、指導教官を務める。11時、地上人、機械の館見学。昼食後、地上人ガイダンス、午後の部の教官は、ミズル・ズロム殿。警備隊、守備隊は、夕刻よりの園遊会の準備に万全を規せよ。園遊会は、18時開始であるから、17時には円形競技場の準備を完了させること。園遊会において、騎士団長は、新型オーラ・バトラー、ドラムロを使用し、強獣ガッダーと対戦…」

 喋りながら、騎士団長は、熱き闘志を燃やしていた。夜のガッダーとの闘いの方ではなく、午前中の方に、である。

 この後、あいつら、バカ地上人に、バイストン・ウェルの説明をするのだ、このわたしが。おとなしく言う事を聞けばよいが、連中は、一応、客人扱い。わたしは礼儀正しく、騎士道の手本を示して見せる。特に、あの男。トッド・ギネスには、性根から叩き込んでやらねばならぬ。女性への礼節をな!

 朝礼中、ガラリアは、バーンの隣りで、騎士団長を見つめる兵士を見渡し、ずっとブツブツ、

(バーンなんか、バーンなんかよりもっと、アトラスの方が。この、バカ兵士どもめ、そんなキラキラした目でこいつを見るでないわ。)

と思っていた。

整列する、ドレイク軍の全兵士、下士官の並ぶ、後ろに、下級兵が並んでいる。

前列、下士官の中には、今年、士官学校を卒業して入隊した、ユリアもいる。ユリア・オストークは、下士官の中でも新卒者で、平民であり、身分としては高くないが、副団長ガラリアの命で、最前列に並んでいた。

隊列の最後尾、下級兵の中でも最下層の列に並ぶのは、新入りの下級兵。ルフト家付属士官学校の卒業生は、入隊して即、下士官の位が与えられ、ユリアもその口である。一方、士官学校には通ったが、落第し、卒業証書がもらえないままタイムオーバーになった者と、士官学校自体に通っていなかった騎士は、下級兵の位である。

この大規模な隊列の、最後列に並ぶ下級兵たちは、マイクで話す騎士団長からは、豆粒大にしか見えない。バーンもガラリアも、数千人規模の全軍中にあって、下級兵の、名前も顔も、覚えきれるわけがなかったし、知る必要もなかった。団長・副団長が把握しているのは、各部隊長クラスの下士官の頭数と、その部隊長の配下に、各々何名の人員が配置されているか、までであった。

最後列にいる新入り下級兵たちは、入隊式以降の3ヶ月間、軍内の各部署の仕事を、順繰りに研修してきて、数日前に、正式の所属が決定したばかりであった。研修期間中の仕事は、厩舎の修繕や馬の世話、機械の館で荷物運び、各オーラ・マシンの清掃など、雑用ばかりである。

ドレイク軍の兵士は、皆、揃いのヘルメットを被るのだが、朝礼時は、脱いで片手に持つのが規則である。上官の訓示を聞いているのだから、被り物は取るのが当然である。

さて、軍内最下層の、最後尾に、1人の男が、立っていた。この男は、ガラリアの言う<キラキラした目>では、バーン・バニングスを見ていなかった。騎士団長様!だからかっこいい、という感想は、抱いておらず、この男の視点は、別な方向へ向けられていたらしい。そして、この男、規則を無視して、1人、ヘルメットを被ったままなのである。

 壇上のバーンは、ブツブツ、

(トッドのやつに、礼節を教える、礼儀、規則、これは騎士として基本的なわきまえであり当然の…ンン?!なんだ、あれは。最後列の、新兵の分際で、被り物をしたままの、ふとどき者がおるではないか!)

「そこの者!きさま、ヘルメットをとれ!朝礼に臨んで、その態度は何事であるか!」

騎士団長のマイクの剣幕に、一同はビックリして、衆目が、最後列のヘルメットへ注がれた。ガラリアも、こしゃくな新兵だ、と憤慨し、手前の、下士官の列に向かい、

「直属の上官は、誰か!列を離れるを許可する。行って、制裁を与えよ。」

言ったガラリアは、2度、ビックリさせられた。オドオドと、後列の方へと走り出した下士官は、なんと、さっき話していたハンカチ君だったのである。つまりあの無礼な新兵は、守備隊員、自分の配下だったのだ。

バーンは、鬼の首を取ったように、ガラリアを叱り付けた。(バーンの態度は、昨夜、トッドに口説かれて、ちょっと嬉しそうだったガラリアへの嫉妬からである)

「守備隊は、こんな躾も出来ていないのか。ふん、我が警備隊には、あのようなバカ者は1人もおらぬわ。」

と、バーンは直属の部下たちを振り返り、笑って見せたので、警備隊下士官らも、いい気になって、駆け足が、緊張でもたついているハンカチ君を指さし、嘲り笑ったのである。

ガラリアは、憤怒で、顔を真っ赤にした。すぐ、自分と、ハンカチ君に恥をかかせた新兵に、自ら制裁しようと、行こうとした。そのガラリアの手首をギュッと掴み、止めた者が。ユリアである。

「いけません。ガラリア様、隊長が行かれては。彼の(ハンカチ君の)面子が、余計、潰れてしまいます。彼に一任するのが、良ですわ」

 ユリアに言われて、ガラリアは、そうか、そうだな、彼に任せるべきだとわかった。

 ハンカチ君は、焦って、最後列に辿り着いた。問題の新兵は、なんと、まだヘルメットをとっていないのである。下士官ハンカチ君は、部下を怒鳴りつけるのが、苦手だったし、彼が、怒鳴らなければならないようなバカ部下も、かつていなかった。ハンカチ君は、震える声で叱ってみた。

「セザル!どうしたんだ、昨日まではちゃんとしていたじゃないか。早くヘルメットを、とるんだ。」

「あ、ハイ、すみませんでした。つい、うっかりしてたさ。」

と、言って、セザルと呼ばれた下級兵は、ようやく被り物をとったのである。

 ガラリアやバーンや、最前列からは、遠くの問題児が、ようやくヘルメットを脱いだらしい事は、見えた。バーンは、ふん、とまた鼻息を鳴らして、朝礼を進行させ、ガラリアは、後であの新兵は往復ビンタの刑にしようと考えていた。




9:00 

 バーンが、ガイダンス時刻なので、宮殿へと去ったのを確認したガラリアは、早速、ハンカチ君を呼び出し、

「さっきの、あれ。なんなのだ、新入りの指導は、地上人でいっぱいいっぱいな日に限って。お前、あの新兵に、制裁は、ちゃんと加えたのであろうな?」

「制裁…殴るとか?いや、それは、してない…口では、言っておいたけど。」

ガラリアと、並んで立つユリアは、あーあーあー!と、女性特有の非難口調で、ハンカチ君を責め立てた。ユリアが、

「それはいけないと思いますわ。あなたは上官ですもの、けじめをつけないと。ガラリア様は、あなたの顔を立てて、朝礼中には、自ら動かずにいらしたのよ。」

ユリアは、それが自分の知恵だとは、決して吹聴しない。ガラリアが、刑の執行を命じた。

「ここに連れて来い、そやつを!」

 ハンカチ君は、問題の新兵、今また、ヘルメットを被ったままの下級兵を、守備隊長ガラリア・ニャムヒーと、腹心の部下、ユリア・オストークの前に連れて来た。鬼の形相の、女2人。芝生の青々と茂るラース・ワウの庭に、燃え立つ青い髪と、黄緑色の髪。この女性騎士の前に、新入りのこわっぱが連行されれば、大概、ビビっているものである。

コワイおねいさん2人の前に立たされた下級兵は、フルフェイスのヘルメットから、しらっととぼけた目線を、空に向けている。気をつけもせず、両腕をだらしなく背中で組んだままだ。

 ガラリアは、なんだこいつは、突っ込み所満載だ、列挙して叱らねばならぬと、まくしたてた。

「その方!上官と対峙するとき、姿勢は気をつけい!私が呼びつけたのだ、即、被り物はとる!話しをするときは相手の目を見よ!それから、そ…」

 怒り猛っていた、ガラリアと、ユリアは、2人とも、息が止まった。

声も出ない。女2人は、口を、アホの子のようにパカーと開けたままの状態で、停止してしまった。

その下級兵が、ゆっくりヘルメットをとったからである。

「・・・・・・・・・・・・」

 呆けた、クチ、パカーな女2人を見たハンカチ君、ガラリアにぞっこん惚れて幾年月の青年は、

(だから、こいつを彼女たちに、引き合わせるのは、イヤだったんだ)

と嘆いた。ハンカチ君は、自分の部下を含む3人に、くるっと背を向け、ガックリうなだれてしまった。

 下級兵が、ヘルメットをぬぐと、彼は、長い長い髪の毛を、被り物の中にたばねて隠していた事が、判明した。栗色のつややかなロングヘアーが、ファッサァーっと、彼の肩へ、胸元へ広がり、その長さは、背中の真ん中までぐらい、バーンと同じぐらいの長さだが、彼の髪にはもっとボリュームがあり、ゆるやかなウェーブがかかっている。額や耳にかかる髪が、駿馬のたてがみのように、ふさふさと風になびく。

 背丈は、ガラリアが見上げるほどだ。バーンより高いんじゃないか。

 彼は、もったいぶってヘルメットをとる際、その首を左右にふって見せ、栗色の長髪は彼の顔に、ショールのように巻きつき、そして離れた。シャンプーのコマーシャル技。柔らかく光沢する栗色の波の中に、現れたその顔は。

(こっ…こんな美少年、見たことがない…)

前章で、ガラリアは、年下には興味ゼロパーセントであると言っていた。それは本当である。しかし、眼前に出現した、おそらく17、8歳とおぼしき、少年は…

青く青く澄んだ瞳を、切れ長の下まぶたにのせ、いたずらっぽい微笑みを投げかける。男にしては、やや細めの眉も栗色、眉の形は、弓で闘いを挑む戦士の持ち物。勇ましく雄々しく、弾かれた弓形の栗色。鼻筋は高く真っ直ぐに、その頬に陰影を落とし、あたかも風光明媚な渓谷が如き。頬は小麦色、秋の午後に、地平線まで続く、一面の小麦畑のようにつややかにきらめく。口元は男らしく涼やかに結ばれているが、あどけなく、危なっかしい幼さをたたえる。唇は天然の桃色に、もぎたての果実のように、甘く、口づけをせがんでいる。

 ユリアも、ガラリアも、硬派の守備隊女コンビは、さきほどまでのヒスは、どこへやら、呆然と美少年に見惚れた。

 この世に、こんなきれいな男がいたのか。

 年齢は、下だけど、でも、背はかなり高いし、よく見れば、体格はがっちり、胸板は分厚く、二の腕はたくましく。なによりその顔が。女顔なのではない、至極男っぽい美しさなのだ。青い目は、さほど大きくはない、流麗な切れ長で、睫毛は長すぎず、凛々しさの中に甘さがある。今、この年齢で、これほど美しいのならば、将来、どれほどの美青年になるのか、想像しただけで、あぁ、花が濡れてしまう。

 すっかり、アホの子と化したガラリアを、美少年は、しっとり笑い、しどけなく見つめた。首を傾けて、うふっと息をもらし、しなを作る仕草が、殺したいほど、悩ましいのだ。桃色の吐息が、2メートル離れた私にまで、すいつくように、からみとられるように、芳しく漂い、誘う。あぁん…あそこが…ヒクヒクしちゃってもう…

 ハッ。いかん。だめだ、私は何を考えているのだ、か、下級兵だぞ、ガキだぞ、そうだ、このきれいな男を呼びつけた目的は。ええい、私をみとれさすとは、ちょこざいな小僧め!

「そ、その方…名は?名を、名を名乗れ。」

「セザル。」

声がまた、イイではないか。声変わりしたての幼さに、大人らしさが、丁度良くミックス混交された、透き通るような美声だ。ユリアときたら、頬を真っ赤にして、

「かわいぃーッ」

なんて言って、小躍りしている。わ、私は隊長だ、キチンと詰問しなければ。

「なんだ、その、返答は。姓、名、供に名乗り、所属を言うのが規則であろう。」

すると、微笑んでいた美少年は、急に、弓形の眉を、悲しげにしゅんと寄せた。ただそれだけで、あん〜あ、それだけで。ガラリア・ニャムヒーともあろう者が、この子を泣かしちゃったらどうしよう、かわいそうだ!と、焦ってしまったのである。

「いやいやいや、そう、落ち込むでない、その方とは、わわわ私は初めて話すから、初対面だからなのだ、名前を、みょみょみょ苗字も、聞きたいのだ。お、教えてほしいのだあー」

この場にバーン・バニングスがいたならば、嫉妬のあまり発狂するだろう。ハンカチ君の脳裏には、アの国の自殺の名所が、走馬灯のように浮かんでは消えていた。

 美少年の、花の唇が、開かれた。

「僕、苗字は名乗っちゃだめなんです。パパが、勘当息子には、我が家の姓は名乗らせないって、怒ったんです。」

勘当?ガラリアは、ますますセザルという美少年に、興味をそそられた。

「セザル、と言ったな。お前は、騎士階級であろう?父上に、勘当されたのか。差し障りが無ければ、どういう次第なのか、聞きたいが。」

セザルは、小麦色のまぶたを閉じ、両手指を、胸の前でもじもじ合わせながら、首をかしげて、さかんにしなを作り、

「ガラリアさまに、ゆうの、僕、恥ずかしいさ。」

その仕草を見たユリアが、また、

「かわいぃぃいーッ」

と、ここでブチ切れたのが、セザルの上官、ハンカチ君であった。

(いいかげんにしろこいつ、1人でモテまくりやがって、新入りのガキのくせに、朝礼で俺に恥をかかせやがって、俺が20代半ば過ぎでまだ素人童貞だからって、なめんなよくそ、素人童貞だって人間なんだ、素人童貞にも人権はあるんだ!)

「セザル!ガラリア隊長に向かって、生意気だぞ、きさまー!隊長には、ちゃんと報告すべきだろう。ほら、言えって!」

ガラリアもユリアも、ハンカチ君がこんなに怒った声を聞いたのは、初めてだったが、アウトオブ眼中だった。それでも、ハンカチ君は、素人童貞のひがみ、いや、意地を見せた。

「あのね、ガラリア、こいつね。…ガラリアってば!(俺の方、見てない…)セザルは、あの、」

ハンカチ君は、セザルの秘密を知っているらしいとだけ、耳で認知したガラリアは、セザルの唇が開かれたのに、また、クチ、パカーで見惚れてしまっていた。そして、ラース・ワウに、ガラリアの前に突如として出現した、類稀な美しい少年は、こう言ったのである。

「僕の姓は、ズロム。そう、ミズル・ズロムは、父です。ガラリア様、僕、セザル・ズロムは、貴女の部下になりたくって、守備隊を志願しました!」




同時刻、こちらは、第1会議室である。

大きなマホガニーのテーブルに、着席していない、地上人3人。3人とも、昨夜着ていたままの服、地上の服装である。書類鞄を小脇に抱えて、入室したバーン・バニングスへ、窓際から振り向いたトカマク・ロブスキーは、

「おおっと、えらいさんらしいぜ。事情を説明してもらおうじゃん。」

 トカマクのそば、やはり窓辺に立っていた、プラチナ・ブロンドの青年、トッド・ギネスは、バーンを見るや、瞬時に視線をはずし背を向け、会議室の隅に、離れて立ちつくしていた、黒髪の少年の方に歩んで、

「ジャップー。ほら、こっち来いよ。こっからは庭が見渡せるんだ。この城は、相当広いみたいだぜ。」

 バーンは、この男は、また、わたしをわざと無視した!と、怒りを憶えたが、意識して優しく、

「地上の方々、昨夜よりの、この世界、バイストン・ウェルの居心地は、いかがかな。」

と問い掛けた。すると、窓辺のトッドは、窓の外を見ながら、つまりバーンの眼を見ないまま、つまらなそうに口をきいた。

「あまりよくないねェ。俺の寝室、バスルームが廊下の向こうにあって、ドアんとこに見張り番が立ってやがって。風呂上りによぉ、男に裸見られるのは、気持ちイイもんじゃぁねぇなぁ。女の子なら、大歓迎だけどな。」

トカマクが呼応して、

「トッド、あんた風呂に入ったのか?よくそんな余裕、あるな。俺なんて、夜勤の最中、いねむりしてたんだよ。そいで、目が覚めたと思ったら、ここは、ハリコフの工場じゃねえじゃねえか。なんだお城だ、変なヨロイつけた連中ばっかいるって、さっきまでパニックよ。あんたら、俺と同じ地上、ちじょうびと?に会って話すまでさ、幻覚見てるとしか、思えなくってさあ。」

 バーン・バニングスは、よく喋るトカマクとトッドから、1人離れ、うつむいて黙っている、黒髪の少年に、興味を持った。と言うより、バーンは、

(トカマクは受け口のブサイク。ガラリアら、女たちには、顔が不評。トッドは、いくらショット様の肝いりがあったとて、このわたしが、気に入らぬ。残るは、この少年のみ。ガキだが、他の2人よりは、まだマシ。)

という認識で、3人目の地上人に歩み寄り、鞄からメモ帳を取り出した。テーブルには、羽ペンとインク壷が設置してある。バーンはペンをとり、しとやかに話し掛けた。

「君。おはよう、気分はどうだね。昨夜はよく話せなかったな。君だけ、名前を聞いていない。氏名を教えてくれたまえ。」

黒髪の少年は、ようやく視線を上げ、バーンの顔を見た。しげしげと、見つめた。そして、こう言った。

「あんた…すごいケツあごだね。」

トッドの噴き出す声が、会議室にいる者の耳をついた。本編において、かつて筆者が一度も言及しなかった、バーン・バニングスの稀有な容貌、それはケツあご、素晴らしき二重顎。

バーンは、ややマシだと思った3人目までこれか。地上人は、どいつもこいつも、礼儀のレの字も知らんのか!と怒りを抑えるのに必死であった。そこへ、笑うのをやめたトッドが、寄って来て、

「おいおい、でもジャップ、初対面のにいさんに、いきなりそれは御挨拶だぜ。こちらさん、この城じゃぁ、リーダーなんだ。身分の高い人だぜ。その上、俺たち、よそ者の世話係りときた。さぞかしたいへんだろうよ。もうちょっと行儀よくしてやろうぜ、な。」

と言い聞かせ、少年の肩をたたいた。そして、昨夜の初対面以来、初めてバーンの眼を見て、声のトーンを低くして、まじめな面持ちに変えて、話した。

「すまねぇな。こいつ、寝ぼけてんだよ。俺が見聞きした事は、だいぶ説明してやったんだが、まだ現実だとは、わからないらしいんだ。子供だし、な、許してやってくれ。すまん、このとおりだ。」

神妙に言い、トッドは、頭をぺこりと下げたのである。一番無礼と思っていた男が見せた、低姿勢に、バーンはひどく拍子抜けし、そして少し、嬉しかった。トッド・ギネス、それほど悪い男ではないのかもしれぬ…。

 地上人3人は、テーブルの席に付いた。バーンは、この日のために、ゼット・ライトに書いてもらった英語のレジュメを配布し、自分は黒板の前に立った。アメリカ人トッドは、書類を手にとり、ふむふむと黙読したが、トカマクは、

「ロシア語版は、ないのかい?俺ぁー、英語なんてさっぱり…つーかさ、みんなロシア語喋ってんじゃん?なんでこの紙きれだけ、英語なんだよぉ?」

黒髪の少年が、重い口を開き、同じ疑問を口にした。

「みんな日本語喋ってるじゃないか…トッドも、洋画の吹き替えみたいな日本語喋ってる…だからこれは、俺の夢なんだよ、きっと…」

バーンが、重々しく、解説を始めた。

「そう、その点も説明しよう。では、地上の方々、バイストン・ウェルへようこそ。これより、新入ガイダンスを始める。わたしは、この城、ラース・ワウの騎士団長、バーン・バニングスである。」

トッドが、レジュメを手にしながら、明るくバーンに質問した。

「バーンさんか。よろしくな。バーン、さんって呼んでいいのかい?団長殿、とか、言うべき?」

「いや、よい。あなた方は、客人であるから、わたしには、対等でいい。ただ、この城の城主である、ドレイク・ルフト様に対しては、必ずドレイク閣下、と尊称で、最高敬語で話していただく。よいかな。」

トカマクが、ドレイクさんって誰だよ、と言うので、トッドが、俺は昨夜見たよ、一番えらい殿様だ、と小声で説明した。バーンが続けた。

「では、次に、各々方、自己紹介を1人ずつお願いしたい。まず、君から。名前さえ、まだ聞かせてもらってないからな。」

指された、黒髪の少年は、

(高校1年の、入学式の日みたいだ)

と思いながら、反射的にズルズル椅子を引き、起立した。バーンは、

(指名されたらまず、立つという儀礼は、わきまえている子だ)

と思い、メモ帳にペン先をあてた。

「名前…俺は、座間祥。」

座間祥は、ぶっきらぼうに答えた。青い長髪のバーンの、ペン先が戸惑い、聞き返す。

「ザマ、ショウ?姓が、なんだね?」

まだ夢見心地の座間祥は、入学式の日に、教室で言った通りに言ってみた。

「ザは座るってゆう字、まはあいだのマ、しょうは、カタカナのネにぃ、ひつじって書く祥でーす。」

この発言、会議室にいる、全員に意味不明であった。さもありなん。トカマクは「ネニー羊?ってどんな羊?」と首をかしげている。バーンの知りたい点を、逸早く理解していたトッドが、助け舟を出した。

「ジャップ、苗字と名前、英語で名乗る時みたいに、言ってくれってよ。バーンさんは、そこがわかんねぇんだよ。」

「あ?うん、そうか…ええと、アイ、アム、ショウ・ザマ。マイ、ネーム、イズ、ショウ・ザマ。」

この発言、バーンの耳には、

「ええと、わたしは、ショウ・ザマと申します。わたしの名前は、ショウ・ザマです。」

という、極めてキチンとした挨拶言葉に聞こえてしまうので、バーンは、

(なんと、えらい子ではないか!ショウ・ザマ君、実に立派な言葉遣いである!)

というウルトラ勘違いをしてしまった。すっかり機嫌の良くなったバーンは、バイストン・ウェル文字を筆記しながら、矢継ぎ早に質問した。

「ショウ・ザマ君か。ショウ君、年齢は、おいくつかな。」

「18…」

バーンもトッドも、もっと幼いと思っていたので、ややビックリ。

 こうして、バーンのメモ帳に、地上人のデータが書き込まれていった。

『氏名、ショウ・ザマ。年齢、18歳。

地上の国はニホン。家族構成、両親あり。高等学校を途中退学し、ホンダダの乗り手になるべく修行中であった。武術の心得は、学校のブカツドーで習ったカラーテ。カラーテという武道には段位があり、その初級に当たるクロオービを取得済み。

追記1:ブカツドーとは、課外授業の意。

追記2:昨夜、ショット様たちが言っていた、ホンダソウイチロウとは、ホンダダを作った技術者で、ニホンでは立志伝中の人物であると、ショウ君談。』

『氏名、トッド・ギネス。年齢、23歳。わたしと同い年だ。

ショット様、ゼット様と同じアメリカ人。家族は、母君のみ。父君も兵士であったが、べとなむ戦争にて戦死とのこと。ご冥福をお祈りする。はいすくーる卒業後、空軍の士官候補生となった。空を飛ぶ兵器の操縦は、充分心得ているとは、本人談。軍隊の予備役にて、各種訓練済み。はいすくーるのブカツドーは、多種の体育競技を掛け持ち。対抗試合にて、婦女子の応援団、ちあがーるが来る日だけ参加、いいとこ取りでモテまくりとは、本人談。この男、やはり、少々気にいらぬ面一部あり。』

『氏名、トカマク・ロブスキー。年齢、25歳。見えない。老けている。

祖国はソビエト連邦。家族、両親あり、弟妹多数で長男。徴兵により、陸軍にて兵役を4年務めた後、実家、ハリコフの精密機械工場に就職。陸軍では雑役がほとんどで、兵士らしい仕事はしていないとは本人談。定収入の見込める工場に入ったが、祖国では軍人の地位が高いため、軍に戻る事も検討していた。

追記1:トッドの国、アメリカと、ソビエト連邦とは、軍事的・思想的に対立する、地上の2大強国らしい。

追記2:ショウの国、ニホンは、アメリカ側に同盟している。地上も、政治軍略のひしめく世界らしく、ここバイストン・ウェルと変わらない。』

 地上人の自己紹介が済むと、バーンは、自分で書いてきた、バイストン・ウェルの説明文を片手に、黒板に白墨で、図を書き、解説し始めた。

「あなた方、地上人の住む世界が、ここにあるとする。(バーン、楕円形を描く)地上界には、海と陸があるであろう。(楕円形に直径線をひき、片方を斜線で塗りつぶす)こっちが陸、こっちが海とする。ここ、バイストン・ウェルとは、この海と陸の狭間にある、人の魂が生まれ変わる場所なのである。(楕円の中心に、円錐形の頂点を合わせて描き、円錐の底辺に、バイストン・ウェル、と文字で書いてしまったとき。)」

生徒3名が、バーン先生に向かって同時に「ええーッ」と言った。なんだ、わたしの説明の、なにがわからんのだ。

トカマクが言う。

「なんだい、その字?何語?バーンさんは、流暢なロシア語、話してるくせにさ、なんで急に読めない字になるんだよう。」

トッドとショウも、口々に、読めない、知らない字だと言う。バーンは、

「あ、ああ、そうか。うっかり字を書いてしまった。あのだな。これはバイストン・ウェルの文字で、えー、バイストン・ウェル、と書いてあるのだ。あなた方地上人の耳には、わたしの言葉は、あなた方自身の母国語に翻訳されて聞こえているらしいが、わたしには、この文字で書く言葉、バイストン・ウェル語で、あなた方の言葉が翻訳されて聞こえているのである。」

この言語学の講義、実はゼット・ライトのレジュメの受け売りであって、バーンはゼットに教えてもらうまで、この事実を知らなかった。トッド・ギネスが、

「どおりでなぁ。日本人だって言うこいつの、英語が上手すぎるのは、日本語も、自動的に英語に翻訳されるからか。しかし、それはなんでなのかって理由が、知りたいな、バーンさん。」

バーン先生は、こほんと咳をし、アンチョコを見て、続けた。

「それはつまり、地上で死した、全ての人の魂は、バイストン・ウェルで生まれ変わり、また人生を送る。そしてバイストン・ウェルでの生涯を終えると、また地上で生まれ変わる…からなのだ。」

すっかり、教室モードになったショウ・ザマが、先生に質問すべく、挙手し、

「ハイ、ハーイ!あの、生まれ変わるのは、わかったけど、言葉が自動的に翻訳できちゃうのは、なんでなんだ。」

バーン先生、アンチョコ見てから、生徒ショウを見て、

「それはつまり、バイストン・ウェルとは、地上界の、全ての人間の、あー、観念が、物体として現れる場所だからであって、えー、心の中の、うーん、共通の、そう、共通の観念は、全ての人間が、共通だからで…あるからなのだ。」

東京の私立高校では、劣等生だったショウでも、バーンの論理の破綻を突く事が出来た。

「共通の観念って?ヘンだよ、そんなの。英語の先生が言ってたけど、言葉は文化だから、考え方の違う言葉は、簡単に通じるもんじゃないって。直訳だけじゃ、意味が通じない事が多いじゃないか。なのにさ、ニュアンスとか、なんで簡単に翻訳出来ちゃうんだ?さっき、バーンさんは<部活動>がわかんなかったじゃないか。なのに<課外授業>はわかるんだろ。おかしいよ、言ってる事、矛盾してるよ。だからこんなの、俺の夢なんだと思う。現実だってんなら、わかるように説明してくれよ。」

「それは…」

トッドも挙手し、たたみかけた。

「じゃぁさぁ、地上の人生が終わってない俺たちが、ここで死んだら、次はどっちで生まれ変わるんだい?それにさ、それって輪廻転生思想だろ?わりぃけど、おれっちプロテスタント。福音派だから聖書原理主義までいかないけどさ、魂の生まれ変わりは、認めてないんだよなぁ。それって仏教だよ。ショウの国の方。こぉんな、中世ヨーロッパ風建築のお城でさ、バーンさんはブリティッシュ・イングリッシュでさ、そんな東洋思想説かれても、全然説得力ないわけよ。ナイトがいて、ニンフがいて、それで黄泉の国ですってか?なんかさ、西洋と東洋のカッコイイとこだけ、色々合体させただけじゃねぇか、バイストン・ウェルって。蓋然性に欠けるんだよなァ。そこんとこ、どうよ。」

焦るバーン、トッド・ギネスめ、見かけによらず、結構物知りではないか、が、がいぜんせいってなんだ、ええと、アンチョコを見、腕組みし、早くも、

(わたしには、教職は向いていないのだ!あぁ、ミズル先生っ、助けて…午前の講師をミズル先生に頼んで、午後がわたしにすべきだった…)

第1会議室の黒板前、バーン・バニングス先生は、いやな汗をダクダクにかきながら、講義を続けなければならなかった。

<※ニンフ:トッドは、昨夜目撃したシルキー・マウを、ギリシア神話に登場する、人間の乙女の姿をした、植物の精霊、ニンフに模してこう表現した。>

<※黄泉の国:日本神話で、死後の世界のこと。黄泉の国では、現世の魂の、精神面が現れた姿となって、生まれ変わるため、現世で罪の深かった人間は、黄泉の国では悪鬼の姿となる。この点、バイストン・ウェルの世界観によく似ている。黄泉の国と現世を結ぶ、黄泉比良坂(よもつひらさか)を、行き来する伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、オーラ・ロードを行き来する聖戦士を彷彿とさせる。>

<※共通の観念:ショウとトッドに補足。言語とは、観念が先に存在し、それに名前をつけているのではない。名前がつく事によって初めて、事象は概念化されるのである。

例1:このドラムロは赤いです→盲人に、色彩は概念化されない

例2:ガラリアの声はソプラノです→聾唖者に、音域は概念化されない

このように、「赤い」「ソプラノ」といった、ありふれた言葉ですら、ア・プリオリ(=共通の観念)ではないのである。そも、人間のみが悟性を保有し、再度人間にのみ生まれ変わるという思想は、仏陀の説く輪廻転生思想に大きくはずれる。盲人や聾唖者といった隣人にすら、悟性の差異を慮らない者の発想である。

例3:ラース・ワウは美しいお城である

ラース・ワウ城の、石塀に住む蟻は、地面としか認識していないので、蟻には翻訳不可能

「美しい」も、当然、共通の観念足りえない。「人間の悟性のみ」を、「観念」と呼ぶ前提からして、バイストン・ウェル脳内翻訳設定は、破綻しているのである。

仏陀は、蟻も人間も、命は平等である故、全ての命は結びつき輪廻し、全宇宙が生成する、と説いた。人間と、他の生き物とを、別物と捉えていては(=啓典思想)、そもそも輪廻(=仏教思想)が成立しないのである。

啓典思想:キリスト教、ユダヤ教、イスラム教を指す。啓典の民にとって、人間は唯一神に創造された、選ばれた存在である。

さて悟性とは、各人の母国語によって構築されている。脳=言語=論理性である。バーンの言う、人には共通の観念が在る故に、バイストン・ウェルでは脳内翻訳が可能、という理論は、事実上も論理上も、ありえないのである。所詮、マンガお伽話の設定である。

例題:バーンはちょーすいとる。ほんでなにー、服がこうといでかん。ちゃっとまわししといて、まっとかんこうせんとかんわ。

これを、瞬時に脳内翻訳できる者は、筆者と同郷で、盲人でないダンバインファンだけであろう。>




10:30 機械の館

 ゼット・ライトは、ICの製作室に入るため、青い制服の上に、白衣を着ていた。もうすぐ、ここへ地上のお仲間がやって来る。オーラ・マシンの製作工程を見学させる用意をしておこう。職工たちに、作業の指示していると、ゼットは、遠来から、愛しの君が、瑠璃色の鈴がころがるような声をたて、近付いて来るのがわかった。

「ガラリアたんだ。なんだろう、やけに、はしゃいでる様子だ。あの声は、ユリアも一緒だな。ガラリアは、普段、お口をヘの字に結んで、ムッとしている顔が多いけど、だ・か・ら、たまーに、ああして笑うと、心臓、鷲掴みにされちゃう、かわいさなんだよな。」

彼女が楽しいと、俺も楽しい。ウキウキして、ガラリアたちが来た、館の玄関へと向かったゼットは、瞬間、地獄へ突き落とされた。

 1人のオソロシイ美少年を、ガラリアとユリアが、寄り添い歩き、美少年の腕を両側から2人がかりで引き合い…ゼットの愛する瑠璃色の鈴は、

「セザル、なぁ、お前は、オーラ・マシンの操縦は、まだだよな。してみるか?ううん?ドロの操縦は、どうだ。ううん?したい?したぁい?そうか、シタイのだな。おい、ゼット、この子に操縦を教えるから、すぐドロを一機、準備してくれ。なぁセザルぅ、私が同乗して教えるからな。」

「ガラリア様ったら、ずるーい!セザルの指導は、わたくしがしますのよ。隊長は、下級兵と同乗なんて、しなくってよいのです。わたくし、下士官ユリアの仕事ですのよ。ね、セザル、わたくしが教えるから、いいわね。ゼット様、というわけなので、ドロ、準備頼みます。さあセザル、こちらよ。来てっ。」

「ガラリアさまぁ、ユリアさま。ケンカしないでほしいさ。僕、お2人と一緒に、乗りたいさ。」

 機械の館のあるじは…玄関の扉の陰に、うつむき立つ、同志を見つけた。死んだ魚顔のハンカチ君の、両肩を揺さぶり、

「おい、なんなんだ、あれは!おい、名無しのハンカチの青年!なんだい、あの小僧はッ?」

キャハキャハ笑いながら、ドロに乗り込む、男1人に女2人を見送りながら、ハンカチ君は、うつろな目で、ボソッと、

「ゼット・ライト様…いい、滝が、あるんですよ。」

ゼットは、同志の両肩に両手を置いたまま、

「滝?」

「ケ・ゴーンの滝と言いましてね。アの国の観光名所でして。フラオン王の直轄地、ニッ・コーにあります…高くて険しい、キレイな滝なんです。」

「なにを、言ってるんだ、あんた。」

「ケ・ゴーンの滝に、行きたい。俺は、もう。」

「おおい、しっかりしろ!目ぇ覚ませ!」往復ビンタ




11:00  ルフト領上空、ドロ機内

 操縦桿を握るセザル・ズロムは、左座席にガラリア、右にユリアを従えて、ゆうゆうとドロを飛ばしていた。青い髪の女は、恩人ミズルの嫡男へ、質問したいばかりであった。

「しかしぃ、ミズル殿は、何故にお前を勘当されたのか。1人息子であろう。大事な、後継ではないか。」

栗色の髪と、青い瞳が、父親譲りである美少年は、今はノーヘルで髪をたなびかせ、穏やかに笑いながら、

「僕、出来が悪いんです。小さい頃から、パパに叱られてばっかりだったさ。」

言いながら、初めてのオーラ・マシンの操縦を、難無くこなしている。指揮官を務めてきたガラリアには、彼の能力の高さが、充分すぎるほどわかった。ガラリアたちが、口々に、

「これが操縦桿で、こうすると上昇、降下はこうで」

と教えるとすぐ、

「じゃあ左右旋回はこうですね?あ、やっぱり。わあー、できたできた。」

機械の仕組みを、寸時に見抜いてしまう。飲み込みの早さと言い、コクピットの窓から、領内を見渡す視線の配り方と言い、並の者ではない。だのに本人は、自分を、出来が悪いのだと言う。

セザルは、しなを作りつつ、本編の主人公に、こう説明した。

「士官学校には、少し通ったんです。でも、授業について行けないし、パパは、厳しいし。毎日辛くって、僕には、戦士は向いてないって思って、家出したんです。でもぅ、旅先でも結局、辛くって。お金なくなっちゃうし。それで、おうちに帰ったら、パパは許してくれないのさ。ズロムの子とは、公称させないって言われて。だから、僕とパパは、話しもしないしさ。パパ、おうちにも入れてくれないしさ。しょうがないから、正規軍に就職したって感じ、かな。」

ユリアには、驚きと供に、やや反感を抱く経歴でもあった。黄緑色の髪は、口には出さず、自分の学校時代を振り返った。

 わたくしは、平民で初めての、士官学校生だったから…騎士階級の子弟から、平民のくせにと、さんざんいじめられた。それを、この子は、領内きっての名家なのに。その恵まれた身分を捨てただなんて。わたくしとは、まるで正反対ですわ。騎士の家に生まれていたらと、悔しがってきたわたくし、辛い訓練にも、見返してやりたい気概で耐えてきたわたくしには、少し…贅沢だわ!セザルって!
 ユリアの感想は、等しくガラリアのそれであった。ガラリアは、幼い頃、ミズルが実の父であったらと、おじさんの実子を羨んだ記憶は、幾度となくあったからである。守備隊長は、よく見れば、ミズルに面差しの似た、少年になおも問うた。質問というより、言い聞かせたかった。

「セザル、それでお前は、この先、当然、父上に許して頂けるように、戦功を上げる意気でいるのであろうな。」

「うん?なんですか、戦功って。」

「なにって、戦役を評価され、出世する事に決まっておろう!戦士となったからには、名を上げるが目標で、しかるべきであろうが。」

するとセザル・ズロムは、ガラリアが、かつて考えた事も聞いた事もない、言葉を口にしたのだ。

「好きで戦士になったんじゃないです。騎士階級の、男の就職先は、軍隊しかないから、仕方なくさ。教師や医者になるには、僕は専門の勉強、してないし。若い男は、入隊しか道がないみたいに言われる世の中でしょ。ママがやれって言うからイヤイヤですよぅ。運良く死なずに、俸給で食えればいいです。出世なんてどうでもいいさ。」

 ガラリアは…愕然と、我が身を顧みるを、強いられたのだった。

 なんという男だろうか?こんな考え方の騎士に、初めて出会った。

 ガラリアが見てきた「男」とは、バーンやアトラスや、騎士然と武勇を競う者、でしかなかった。戦士ではないゼット・ライトら技術者とて、「男らしく」軍のために、働く意欲に満ちている。平民の男だとて、ご領主様のためにと「男らしく」農業や召使いの仕事に励んでいるというに。

 女性の私だとて、名誉を上げたい、強くなりたいと願ってきた。特に、私は、ニャムヒー家の威信を、背中に背負っている。戦功を上げる以外に…恋に破れた私には…生きる謂われが、無いからなのに?

 セザルの言う事は、まるで、私の生き方に、

なんのために戦うのか?

と、問い掛けているかのようだ。私は、騎士の家の子だから、騎士の父親が、罪人だったから、いじめられた。それが悔しくて、自分も騎士を目指した…。

私が戦士と成ったのは、何故か!

ガラリアの、この自分への問い、これこそ、彼女が、今まで一度も、自分に突きつけなかった、自己の存在証明そのものであった。彼女は、あどけなく笑うセザルに、学校を中退したセザルに、初運転のドロを、もう急旋回させて、はしゃいでいるセザルに、

越えられないなにか

を感じた。ガラリアが、ドロの初搭乗時、上手く操縦出来なかった。機械を使う事すら初めてだったのだ。これでは、新時代の戦士失格だと思うと、悔しくて悔しくて。夜なべして説明書を読み、ゼットに頼み込んで何度も練習した。全ては出世のため、オーラ・マシンの会得も、名の知れた戦士に成るためと思い、努力してきた。

ところが、セザルは、それを一見で解し、

「これ、すっごく楽しいですね。遠くの山々が、きれいに見えるさ!このまま、外国に旅行に行きたいさ。」

まるで玩具のように扱っている。旅行だと?風景がきれいだと?

(考え方一つ、違うだけで、世の中そのものまで、違ってしまうものなのか。この子の目には、世界は、私が見ている世界とは、まるで違うものに、映っているのだ)

そして、ガラリアは、セザルに対して、もやもやと薄暗い、羨望を覚えた。

ズロム家の嫡男。美しい容姿。学校を辞めたのは、彼の才能が、学校以上にあったからだ。授業について行けなかったと言うのは、ほぼ嘘だ。実際のところ、彼には、学校がつまらなかったのであろうな…これら、騎士ならば、誰もが羨む賜物を、いくつも持ちながら、それにまるで執着しない。彼の目は、私や、ユリアやバーンとは、全然異なった方を、見ている。

だが、彼に対して、私は、この焦りとも怒りともつかない感情を、ぶつける事が、出来ぬ。

言われてみれば、バイストン・ウェルの乱世にあって、敢えて戦士を目指したのではない、と言うセザルの言い分が、悪いと言える根拠が、私には見つからない。

彼を軽蔑するは、たやすい。騎士らしくない、男らしくないと責めるは、容易い。バーン・バニングスならば簡単に、

「意気地無しの、やさ男め」

と一蹴するだけだろう。だが、ガラリアは、違った。何故なら、彼女は、考え始めていたからだった。父と恋人を戦争で失った彼女には…私はなぜ、戦士の道を歩むのか…人は、なぜ、生きるのか、と…

 操縦席のセザルは、下界を見下ろし、

「あ、聖戦士たちが、機械の館に来たみたい!降下しますね、僕、地上人と話してみたい。地上には、階級が無いっていうでしょう。僕、それを詳しく知りたいさ。」

 階級…私は、騎士階級。だから戦士に成ったのか?

「セザル。もう一つ、聞いてよいか。」

「はぁーい、なんですか、ガラリア様。」

「私の部下になりたくて、守備隊を志願したと言ったな。それは何故か。」

「だってさ、機械の館の勤務は、前線に出ないから比較的、安全だけど、僕、機械油や、重い物持つの、苦手だし。警備隊は、おっさんばっかで、むさくるしいから、イヤさ。その点、ガラリア様の、守備隊!副官、ユリア様もいて、きれいな人ばっかりさ。だからですよ。うふ。」

 ユリアもガラリアも、また、セザルの甘え声に、かわいいしなに、クチ、パカーになってしまい、この子は憎めないと…つまり、まんまとセザルの術中に、落ちていた。




11:30 再び、機械の館

 バーン・バニングスは、3人の地上人を引き連れ、白衣のゼット・ライトを、改めて紹介していた。トッド・ギネスは、褐色の肌の、同郷人をハグし、

「こぉんなところでスプリング・フィールドの人に会えるとはなァ!嬉しいぜ、俺はボストンだ、よろしく!」

明るく挨拶してくれるトッドに、紳士ゼット・ライトは、すぐ打ち解けて、2人のアメリカ男は、抱き合い肩を叩き、次いで力強く握手をしている。バーンは、彼らをジト目で見やり、先生の傍から離れないショウに、

「地上には、あのように、男同士で抱き合う習慣が、あるのかね?」

と尋ねた。ショウは、

「アメリカ人だからだよ。俺の国ではあんな事しないよ。だからさ、挨拶ひとつとったって、文化が違うんだから、言葉の違いはなおさら、」

「その話しは、もうよい。では、ゼット様、彼らにオーラ・マシンの説明をお願い致す。」

バーンとゼット、3人の聖戦士は、ぞろぞろと館内を歩いた。トッドは、ゼットと並び、バーンが先に行くのを見てから、先生には聞こえないように、同郷人にささやいた。

「さっきさ、お城で、英語の説明書、読んだんだけど、あれを書いたのは、あんただよね?文の言い回しが、昨夜会った、ショット・ウェポンじゃぁない感じ。」

「ああ、俺が書いたものだよ、トッド。」

すると金髪の男は、青い瞳孔を垂れ目に転がして、いたずらっぽく笑い、

「あのバーンさんがよ、バイストン・ウェルの説明してくれたんだけど、全然、わからねぇんだ。あんたのプリントを黙って読んでた方が、ずっとよく理解出来たよ。助かったぜ、ありがとう。しかしきれいな字だね、ゼット・ライト。まとめ方も上手だし。エンジニアで、あれだけの名文を書けるインテリときたら。ひょっとして大学は?」

「ああ、一応、マサチューセッツ工科大。」

「どおりでなァ!俺、受験したかったんだけど、無理だったんだよ。」

バーン・バニングスの背後で、アメリカ人同士は、意気投合、わたしの傍らには口答えの多い生徒、ショウ・ザマ。前方に、オーラマルスの製作所を眺め、受け口で「へぇ」を連打しているトカマク。

 バーンは、午前中の業務で、もうかなり疲弊していた。精神疲れだ。授業なんてやるのではなかった。

わたしの本領発揮は、今夜のガッダーとの対戦だ。見て驚け、わたしは口で説明するより、行動で示すタイプだ。

そうして、聖戦士3人は、先輩地上人、ゼット・ライトの引率で、オーラ・マシンの仕組みを学び、ダンバインの見学現場に移動。生命エネルギー、オーラ力で動く機械の説明は、全てゼットが話し、バーンは、さも自分の代わりにゼットに話させているのだ、な顔をしながら、

(そうだったのか。体調が悪い状態で、操縦すると、それがオーラ力に反映して、機械の威力も減少してしまうのか…知らなかった…二日酔いや睡眠不足には気をつけねばな。ふむ?通信に使っている、相手の顔が映る機械は、もにたーと言うのか。知らなかった。ほう、小型のかめらが、もにたーの横についていたのか。知らなかった。それでお互いの顔が投射されていたのか。わたしはてっきり、もにたー部分が、鏡か、窓ガラスのように透けて映っているのかと思っていた。)

本日、バーン・バニングスは、ゼット先生のお蔭で、たくさん学習する事が出来た。




12:00 ダンバイン置き場

 緑のまばゆい野原、3体の色違いダンバイン。コクピットを覗き込むバーンが、学習成果をブツブツ反芻していると、上空に浮かぶドロを指して、トッド・ギネスが、

「あれは?俺たちが乗るのは、このダンバインだけなのかい?あれもオーラで飛んでるのかい。」

バーンが答えようとしたら、ゼット先生が先に説明してしまったので、今ごろになって、お株を取られたと、青い長髪は、機嫌が悪くなった。

「ゼット様、お疲れ様でありました。昼食に戻られて下さい。後はわたしが案内する」

ゼットは、上空のドロを見上げ、

(あれはさっき、ガラリアが美少年を乗せて行った機体だ。ダンバインの横に降下するつもりだな?)

機械の館のあるじは、そそくさとその場を去ったので、バーンはこほんと咳払いし、

「では、各々方。我々も城に戻るとしよう。」

すると、ドロが1機、近くに着陸したので、地上人たちは、あれも見せてくれよ、と騒いだ。バーンは眉をしかめた。

(誰だ、こんな所に降下する事は、許可しておらんぞ。)

直径13メートルの円形のドロは、1人乗りのダンバインと違い、数名の搭乗が可能である。昇降口は、部屋のドアと同じぐらいの大きさ、単なるドアである。

 ドアが開かれ、現れた者を見るや、トッドが、

「彼女じゃんか!会いたかったぜ。オッ、今日の服もいかすよ。軍服か、ハァー、かっこいいぜ。禁欲的な服装に、グラマーときた、君って最高。」

バーンは、またしてもこやつは!トッドに、女性への礼節を教えるのをすっかり忘れていた、ショウが余計な質問をするからだ、そしてガラリアはどうしてここに来たのだ、トッドには、なるべく会わせたくないのに、と、全て他人のせいにしてムカついた。

 ガラリアは、ユリアを従え、つかつかと歩み寄り、

「バーン、我々、守備隊にも、聖戦士殿を紹介してほしい。そうだ、尋ねたいのだ。聖戦士殿は、所属としてはどの隊に入るのだ?」

ショウ・ザマは、青い髪のおねいさんと、黄緑色の髪の、若い方の子と、その後ろに、ヘルメットを被った、背の高い男がいるのを見つけて、彼と目が合った。目が…

(なんだろ?あいつ、俺ばかり、ジロジロ見てる。なんだよ、ずっと目が合いっぱなしだ。なんでそんなに、見るんだ。地上人だから珍しいのかな。だったら、トッドやトカマクも見ればいいじゃないか?)

 バーン・バニングスは、ガラリアと向き合い、脇の下に、照れくささと緊張と、熱い汗を感じながら、

「聖戦士殿は、剣客であるから、所属部隊は、無い。独立した傭兵部隊として、動く事になるだろう。それより、ガラリア、なぜここに来た。許可した覚えはないぞ。」

「ドロの点検、兼、試運転だ。私がどこに着陸しようと、お前に指図される覚えこそ、ないぞ。」

 ガラリアは、チラチラ、トッドの視線を感じて横を向き、頬を紅潮させながら、バーンには、殊更、引き締めた顔をして見せようとした。その表情の変化は、ガラリアにしてみれば、

(バーンに、私の恋心を悟られたくない、でも、トッドが、ヘンな事言うのだ、あれは、口説こうとしているのだろうか、ああもう、そういう事言うの、やめてくれ、気持ちが揺らぐから)

という戸惑いが、自然に顕れたものなのだが、バーンから見ると、

(ガラリアめ、トッドを見る時は、艶っぽい顔をするくせに、わたしには、つまらなそうな顔だ!)

になり、両者の関係は、他者が介在する事により、よりややこしくなるのだった。

 部下2名を引き連れたガラリアは、意識して勇ましい声で、

「バーン、午後のガイダンスの教官は、ミズル・ズロム殿であろう。それで、お前に、私からも紹介したい者がいる。セザル、これへ。」

ショウ・ザマは、さっきから俺ばかり見つめるヘルメットの男が、自分たちの前に、歩み出たので、なにか、無性に怖くなり、後ずさりした。

ヘルメットの下級兵は、相変わらず、被り物をしたまま、騎士団長の前に立つ。それを、ガラリアとユリアは、注意もせず、女同士で目配せし、笑っているではないか?バーンは、

(わたしを中心に、後方に地上人3人、前に守備隊員、3人。内、わたしの好きな子は、言う事を聞かないし、トッドはトカマクに、ひそひそと、)

「あっちの、小柄な子も、可愛いな。トカマクはどっちがタイプだ?」

「俺ァ、ちっちゃい方の子!トッドは青い髪の方か。彼女も捨てがたい美人だなあ。」

「青い髪の子は、昨夜から、もう俺が目ぇ―つけてるんだからな。手ぇ出すなよ。」

あぁ゛――――ッ、ただでさえ午前の授業で疲れているのに、この、無礼なニューキャラ軍団め!イライラする!そしてなんだこの、ヘルメットは。

「その方!騎士団長の前である。被り物をとらぬか!下級兵の分際で、その態度はなんだ。聖戦士殿に、バイストン・ウェル騎士の礼節を、お見せしろ。敬礼、脱帽!」

 すると彼は、気をつけはしたが、またもや、もったいぶってヘルメットをとったのだった。


<次回予告>

BGM ♪ちゃらららっ ちゃららららっ♪

やっほう、セザル・ズロムでーす。
この次回予告コーナー、今まで喋ってたのが、僕だったって、
わかってくれたかな、読者の皆さんさ!
一日の出来事を、時刻を追って書くつもりが、
ガラマニ日誌みたく、長くなっちゃってさ、
お昼ご飯になったところで、以下、次号さ!
さぁて、次回の月下の花は。
午後のガイダンスで、パパがトッドと対峙さ。
第16章で、パパは、トッドの顔見てブルってたのは、どうしてなのかな?うふ。
そいで、夜は、ドレイク様が演説する園遊会さ。
そこへ襲撃してくる、ゼラーナ隊さ!お待ちかね、ドンパチさ!
筆者は全然、お待ちかねじゃないんだけどさ、
そろそろ、非童貞のニー・ギブンも出てこないとさ、
リムル姫が寂しがるじゃん?そうそう、童貞といえば、
僕の上官、素人童貞の、名無しのハンカチさん。筆者、今ごろになって、
ハンカチさんに名前つけとけばよかったって、後悔してるけど、遅いさ!
じゃっ、またねぃ。

前章へ  次章へ

「月下の花」目次へ戻る

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る