月下の花

第30章 ショウ・ザマ、出奔す


宴もたけなわとなっていた夕刻。会場の喧騒から遠く離れた、少女の部屋。

ラース・ワウの深窓の姫君、リムル・ルフトは、自分の部屋に、ひそかに、聖戦士ショウ・ザマをまねきいれ、恋人ニー・ギブンと、その仲間たちの動向について、話し合っていた。

2人が話し込んで、もう2時間以上、経過していた。

リムルは、午後、機械の館でダンバインの整備をしていたショウ・ザマにすりより、ギブンの館で見聞きしたことを教えてほしいと、申し出たのだった。2人は、こっそりと、リムルの部屋に入った。

ショウは、ドレイクの娘が、敵方のニーと、恋仲であると知るにおよび、

「みんな、乱れてるんだな。」 という感想を持った。

リムルの手元には、チャム・ファウが届けた、ニー・ギブンからの手紙があった。姫君はそれを、ショウに読んできかせた。ゼラーナは、いま、ラース・ワウから、そう遠くはない、ボンレスの森にひそんでいるとのことだった。ギブン家の御曹司が生きのび、戦力を保持し、ドレイク領内にいることは、バーン・バニングスたちに、知られてはならない。

ショウ・ザマは、ギブンの館で、自分が見てきた、両家の会談の様子と、それへの感想を、リムルに語ってきかせた。

「おれは、正義がどっちにあるかって言われれば、どっちにもあるし、どっちにもないと思ったよ。お互い、じぶんの利益や都合があって、必要にせまられて、戦争をしてるんじゃないかな。」

「だって、ショウ・ザマ!ニーさまが、あんまり、おかわいそうです。お父さまも、お母さまも、バーンたちに、殺されてしまったのですよ。」

「ニー・ギブンだって、あんたの領内の民間人を、何百人も、殺したんだぜ。」

リムルは、自室のテーブルで、地上人と向き合い、腰かけていたが、ときどき、泣きながら立ち上がり、新しいハンケチを、箪笥まで取りに歩いて、また席にもどった。

ショウは、バイストン・ウェルという異世界に、ひとりぼっちで放り込まれて、ふと、年上の女性、ガラリアに魅力を感じたが、彼女に、手ひどくふられた直後だったし、目の前で、さめざめと泣く、16歳の少女、リムルに、自分の姿を重ねる心境になった。

リムルの想いの、真摯なことには、ショウも同情した。リムルは、身も心も、ニー・ギブンにささげているのだ。彼女には、最愛の恋人の、最愛の両親を殺した、ドレイク軍がやっていることのほうが、蛮行に見えるのだった。リムルは、ショウに、ニー・ギブンの味方をしてほしいと、申し出た。ショウは、重ねて反論した。

「戦争ってのはさ、どっちも悪いんだよ。戦争行為そのものを、避けるべきなんだ。バイストン・ウェルは、戦国時代だから、しかたがないんだろうけど、おれの国には、軍隊と戦争を、禁止する憲法があるんだ。それに、おれ一人が、ギブン家に寝返ったからって、事態が収拾するものじゃない。余計に混乱をまねくだけなんじゃないかな。」

「では、ショウ。あなたは、このままラース・ワウで、聖戦士を続けるつもりなのですか。」

ショウ・ザマは、ふさぎこんだ。考えたってしょうがない。おれは、おれが、苦しくない、悲しくない場所にいたい。ただそれだけだ。いま、どこに行きたいかって?そりゃ、東京に決まってる。おれは、平和な日本で、モトクロスをやりたいんだ。本来の、おれの生活に、もどりたいんだ。

「リムル、おれは、聖戦士も、なんにもやりたくない。やらなきゃいけない義務なんか、ないだろ。」

するとリムルは、激しく、嗚咽しはじめた。

「あんまりです、ショウ。あなたは、ご自分の御身が、かわいい。それはわかります。戦士になりたくない。あなたを無理やり、召還したのは、わたしの父ですもの。やる気はないという、言い分もわかります。

ですけど…では、あなたは、逃げるのですか!」

「逃げるだって?」

ショウ・ザマは、この部屋に来てはじめて、怒りをあらわにした。

「お逃げになればいいのです!わたしが、こんなにも、お願いしているのに、ニーさまを助けて下さらないのなら。

トッド・ギネスにも、わたしは、頼みました。この戦争に、加担してくださいますなと、お願いしました。あのひとは、戦争をやめろというなら、父、ドレイクを説き伏せるべきだと、そう言いました。

そうして、トッドは、自分が生き残るために、父の配下で働く決心をしたそうです。

でも、ショウ、あなたは、そうではない。戦争は、それ自体が悪いとおっしゃいましたね?そうして、なにもしたくないと、おっしゃいましたね?わたしも、こんな戦争は、やめてほしいのです。

わたしが12歳のとき、この城、ラース・ワウに、ニーさまや、キーン・キッスを、おまねきして、わたしの誕生会を、したのですよ。そのときから、わたしは、ニーさまを終生の恋人と誓いました。あの平和だった日々に…もどりたい…」

リムルのほほをつたう涙は、いま、心の淵からあふれ出してた。

「平和を願うのは、あなたの国の憲法だけでは、ありません。このわたしも、それを願っているのです。

ショウ・ザマ。バイストン・ウェルには、伝説があります。世界が混乱におちいったとき、地上人があらわれ、聖戦士となり、平定をもたらすために活躍するという伝説です。それは、おとぎばなしなのかもしれません。でも、あなたも、トッド・ギネスも、聖戦士なのです。それはまちがいありません。

聖戦士トッド・ギネスは、生き扶持をかせぐためには、父のもとにいるほうが、割がよいと、言いました。自分の生きる道は、自分で決めると、トッドは、断言しました。そう言われたら、わたしと意見はちがうけれど、彼を認めざるをえません。ですけど、ショウ、あなたは、聖戦士として、男として、人として、どういう道をいかれるのですか。」

「それは、だって…おれは…」

ショウ・ザマは、リムルの精魂こめた訴えに、言葉がつまった。トッドを引き合いに出された。リムルは、トッド・ギネスの言い分を認めたのだ。

自分の生きる道は、自分で決める、と。

リムルの声が、室内に、かん高くひびいた。

「お願いです、聖戦士ショウ!ニーさまを、助けてください。あのかたは、傷つき、わたしからの手紙を、いまかいまかと、待っておられるのです。あの暗い、危険な、ボンレスの森で…この手紙を、あのかたに、とどけてください、あなたの手で。そしてニーさまに、もう一度お会いしてほしいのです。

あなたがおっしゃるとおり、義はどちらにもなく、どちらにも、あるのでしょう。だったら、わたしは、愛するおかたの義に尽くします。

この手紙には、わたしから、聖戦士ショウ・ザマどのを、ニー・ギブンさまに、推薦したいと書いてあります。彼と、会って、話して下さい。そして、ご自分のおいきになる道を、ご自分で決めてください。お返事は、チャム・ファウに持たせてください。」

刻限は、7時をまわっていた。ショウ・ザマは、激しく動揺したが、リムルの気迫におされ、彼女がさし出した、麻紐でしっかり結んだ巻物を、受け取った。同時に、彼女がショウにつきつけたものとは、バイストン・ウェルで生きてゆくための、自己確立への決断だった。

ショウ・ザマは、姫君の青い瞳を、じっと見つめ、そのまなざしの強さに、うたれた。そして、首を、たてにふった。ニー・ギブンと、一対一で、話してみたいという気持ちになった。空色のダンバインは、整備済みで、機械の館に格納してある。

「どうやって、脱出するんだ…?ボンレスの森って、どっちの方角なんだい。」

「東です。ダンバインで、ひたすら東にとべば、すぐに、うっそうとした樹海に出ます。チャム・ファウがとび、羽を光らせて、合図しますから、降下してください。大丈夫、今夜を選んで、ニーさまと打ち合わせをしたのには、勝算があるからです。宴会で、城内のほとんどのものが、酔いつぶれておりますし、わたしが、バーン・バニングスを、ひきつけておきますから。」

確かに、ショウ・ザマが夕刻、機械の館を出てきた時点で、大将のゼット・ライトはじめ、工員のほぼ全員が、宴会場に向かっていた。警備は、手薄のはずだ。

決めた。空色のダンバインに乗って、おれは、この城を脱出する!

その時。

部屋の扉を、こぶしでたたく音と、男の太い声が聞こえた。

「リムル様。わたしです。バーン・バニングスです。祝賀会のお時間ですぞ。そこに、おられますな?」

ショウ・ザマと、リムル・ルフトは、顔を見合わせ、まなこを見開いた。リムルが、早口で告げた。

「わたしが、おしばいをしますから、合わせてください。あなたが、闖入(ちんにゅう)したので、追い出してほしいと、バーンにすがります。あなたは、早く、立ち去って!そして、機械の館へ!」

ショウ・ザマがうなづくと、リムルは即座に、扉へ走り、開けた。バーン・バニングスが、なにか言おうとするより先に、リムルが、

「バーン、見てよ、このひと!無礼もの!無理やり入ってきたのよ!」

バーン・バニングスは驚き、テーブルのそばにつっ立って、オドオドしている、地上人の少年を見つけ、怒鳴りつけた。

「きさま、そこでなにをしている!おそれおおくも、リムル姫のご寝室なるぞ!」

リムルを女として愛していない、とはいえ、そこはバーンの職業意識と、騎士道精神からして、怒り心頭に発して、とうぜんだった。ショウ・ザマは、わざとらしく言い訳をした。

「うわー、みつかった。ごめん、すぐ出て行くよ。」

バーンのわき、扉を、すりぬけようとしたショウ・ザマに、バーンが、つかみかかろうとしたので、リムルは、それを制するのではなく、たきつけた。女は、生まれつき女優だ。

「外でショウ・ザマを見かけたので、わたしから尋ねたのです。ギブンの館で、ニー・ギブンに会ったかと…そしたらこのひと、もっとくわしい話しを聞かせてやると言って、人気(ひとけ)のない部屋に行こうって言うの。そうして、無理やり…!」

憤慨したバーン・バニングスが、こぶしをおろして、ショウの後頭部をかすった。身をかわしてショウ・ザマは、脱兎のごとく走り去った。深窓の姫君に、ちょっかいを出そうとした者の、逃げ足が速いのは当たり前なので、バーンも疑わず、深追いしなかった。加えて、リムルが暗い顔でうつむき、おしばいを続けた。

「バーン、わたしが、ニー・ギブンの消息を、知りたがったのは、ほんとうです。そこに、つけこまれたのは、わたしに隙がありました。」

上手な嘘とは、真実の中に、嘘を混ぜたものである。リムル・ルフトのおしばいは、まったく成功した。バーン・バニングスは、消沈した姫君の手をとり、うやうやしくお辞儀をして、祝賀会場へと、エスコートした。


<次回予告>

BGM ♪ちゃららら ちゃらららららっ

ひゃっほぅ、セザルでぇーす。ショウ君、あっちに行っちゃうみたいだねえ。さびしくなるさ〜
あ、そうそう、ちょっと大事なこと、思い出したさ。

今回だけは、僕の次回予告で、
原作テレビアニメの次回予告、若本紀夫さんのナレーションと、同じフレーズが使えるから、言っておくさ!

「戦雲がショウを呼ぶ。」

♪ちゃららっ


第30章更新後書き

前章へ  次章へ

「月下の花」目次2へ戻る

ガラリアさん好き好き病トップへ戻る